広島の妊婦さんや小さな子どもをお持ちのお母さんが楽しく暮らせるエッセンスを届けるサイト

【あなたのババァ度は何%?】 毎日5分の習慣が 10年後も元気なからだを作る元になる 【脱おばさん体操】ダウンロードはこちら

子育てを放り投げていた

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産前産後の身体パートナー。 家庭の中が平和だと世の中が平和で、世界平和につながると本気で信じている助産師・保健師・看護師。 TCS認定コーチ/MCS認定マザーズティーチャー。 お母さんの笑顔のために、プロフェッショナルな寄り添いと主に身体の面からサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

かっこいい人だな。でも、ちょっと怖い。
わたしの第一印象はこうだった。
だけど、憧れ。そんな思いを抱く人。

 

今日、その人にとてもお世話になった。

いろんな話をしてくれた。
わたしの母親くらいの年齢の憧れのその人。

 

きっと、いろんな苦しいことや辛いことがあった人生をどこかやさしい声色でわたしに語ってくれた。

 

大事な話をしている時に限ってわたしは憧れのその人の目を見ることができなかった。

 

目を見てしまったら

 

泣いてしまう。

 

なんだか、そんな気がしたから。

 

憧れのその人は、自分は仕事ばっかりだったから
子育ては”放り投げていた”
そう言った。

 

だけど、憧れのその人には支えてくれる人がたくさんいた。

 

”放り投げていた”と言った子育て。
ポツポツと子育ての思い出を語ってくれた。

 

「そこにね、ホットプレートがあるでしょ。
子どもらが小さいころそれでホットケーキなんか作ってね。
ジャーーーって。」

 

 

「喜んだでしょうね。ふふ。
1枚づつ焼いてたんですか?」

 

 

 

「ううん。
ジャーーーーーって。
あははっ。」

 

 

ジェスチャーで、ボールからずーっとホットケーキの種を流している様を見せた。

きっと子どもの人数分、まとめて大きな大きなホットケーキを作ってたんだ。

ぐりとぐらのホットケーキみたいに。


それを見たわたしは、このテーブルで笑う家族の姿がまぶたの裏に浮かんだ。
それは、かえがえのない温かく宝のような家族の時間。

 

厳しくて、少し神経質そうな憧れのその人がダイナミックにホットケーキを

ジャーーーーーっとするなんて
そうは見えない。

 

「わたしは恵まれてたんよね。豊かだった。
子育ては、苦しいもんじゃないのにね。
楽しいもんなんよ。」

 

・・・

 

「馬場さん、お母さんたちの
支えになってあげてね。」

 

 

あぁ、見透かされている。
やっぱり憧れの人。

 

 

  • 子どもが小さくて働きに出ないといけないことへの葛藤

 

  • 本当は子どもといたいのに仕事を選択した葛藤。

 

  • 休日に全力で子どもと過ごすと決めたのにいっしょにいる時間が長くなるとついイライラしてしまうことへの矛盾。

 

  • ひとりの時間が欲しくて家族に子どもを預けたのにどこかで感じる罪悪感と虚無感

 

子育てって、生きていくって

たくさんの矛盾や葛藤、苦しさや痛みがある。

 

 

だけど、わたしの倍を生きている憧れのその人の少し憂いを含んだやさしい声色を聞いたら、苦しみや痛みさえもかけがえのないものだと確信した。

 

 

 

「馬場さん、わたしはここからの景色がいちばん好きなんよ。」

 

 

 

あぁ、わたしも初めてここにおじゃました時に同じことを感じていました。
(ここの景色、好きだな)

「ヤッホーーーーっっっっ!!!」

その人にやまびこに、自分のことばを飲み込んだ。
憧れのその人に少しだけ近づけた気がした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産前産後の身体パートナー。 家庭の中が平和だと世の中が平和で、世界平和につながると本気で信じている助産師・保健師・看護師。 TCS認定コーチ/MCS認定マザーズティーチャー。 お母さんの笑顔のために、プロフェッショナルな寄り添いと主に身体の面からサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 馬場佐希子@産前産後のプロ , 2018 All Rights Reserved.