食事の悩みもヨガで解決?!自分と、家族が食べたいものが違うんだけど、どうしたらいいの。

ハンバーグ

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

今日は食事のことについて、書きます。

TMさん
ヨガと食事?何の関係があるの?

と思いましたよね。

 

実は、ヨガの食事でバランスをとることで、解決できることがあるんです。

 

  • 子どもに合わせると、おとなは満足できない
  • おとなに合わせると、子どもが食べない

そんな悩みはないですか。

年齢や性別、環境が違えば、食べたいものが違って当然です。

 

だけど、せっかく作った食事、食べてもらえたら、うれしいですよね。

家族みんなが食事から健康になればうれしいですよね。

 

ヨガの食事で、バランスをとることで、それが叶いますよ。

 

食事についての相談は、電話相談またはパーソナルレッスンで受け付けています。

 

食事相談の感想をTMさまから頂いたので、ご紹介します。

食事のことを相談しようと思ったきっかけ

佐希子
まずは、どうして食事相談を受けてみようと思ったのか、きっかけを教えてください。

 

TMさん
自分の日々作っている食事が、野菜を意識して取り入れているものの、

  • 家族に適切であるのか
  • 足りないものや、とりすぎているものがないのか

いつも気になっていたため今回相談させていただくことにしました。

 

佐希子
そうですか。

ご家族のことを考えて、旦那さんやお子さんにとって、この食事でどうなのかなと思っていらっしゃるのですね。

 

食事相談、前後の変化

 

佐希子
食事相談を受けてみて、いかがでしたか。

変化したことはありましたか。

 

ビフォー

TMさん
私の好きなピーマンやゴーヤなど、苦味のあるものを入れると、子どもは食べなかったりして悩ましいです。

もう1品作れば良いのですが、そこまで手が回りません。

 

また、私は煮物と汁物とご飯程度でいいのですが、

  • 夫にはメイン(肉魚系)も作らなくてはとか、
  • 子どもにバランスよく食べさせないととか、
  • 好きなものを作らないと肉・魚系食べてくれないとか

あるので悩ましいです。

 

旦那さんは濃い味が好きで、こってりしたものじゃない時は、食後しばらくしてお菓子をつまんだりしています。

 

佐希子
なるほど。

Mさんの食べたいものと、旦那さんやお子さんの食べたい物がそれぞれ違っていて、苦労されているのですね。

 

アフター

佐希子
食事を書き出してみて、それについてアドバイスをお伝えした後、どんな様子でしたか。

 

TMさん
確かに、家族に合わせて作っていたこの食事では、指摘されたように身体が重かったです。

 

厳密に全てを取り入れようとすると大変になるので、ストレスのない範囲でやりました。

 

TMさん
アドバイスをもらって、食事がすごく変わったとか、何がすごく変わったっていうのは、正直よくわからないんです。

 

なんて言ったらいいかな。

 

でも、気楽に考えられるようになったっていうか。

まぁいいかって思えるようになったっていうか。

 

例えば、3品作らなきゃって思ってたのが、2品になってもそこに何か足していったらいいかなって思えるようになりました。

 

2品になっても、満足できるようになったし。

 

大きくは変えられませんでしたが、それでも自分の中に意識しつつ料理していたことはよかったです。

 

TMさん
子どもに合わせて作ると、大人が満足できなかったり、時々は、自分の食べたいものを食べたいんですよね。

それを、ちょっと薬味で足すとか、後からお醤油で少し味を濃くするとかで、たまには大人の味がほしいという私の気持ちを満たしてくれました

 

佐希子
そうでしたか。

お話を聞いていると、食事を通して、楽になったんじゃないかな、というのが伝わってきます。

 

Mさんは、相談前からほぼ手作りの食事で、ご家族のことを考えて食事の準備をされていましたよね。

だから、「大きくは変えられませんでした」と仰っていますが、大きく変わる必要はないんですよ。

 

その時、その時で、必要なものをちょっと取り入れたり、ちょっと引いたりしていけるようになると、こんな形で、楽になってくるものですよ。

 

食事に満足感が出た

とか

自分の氣持ちを満たせた

とかっ

身体が軽い

って、とっても大事ですよね。

 

家族のため、というのが先に立つこともありますけど、やっぱり作っている自分も満たしたいですよね。

 

食事相談を受けて良かった点、悪かった点

佐希子
食事相談を受けてみて、どんなところが良かったですか?

また、悪かった点も教えてください。

 

TMさん
自分の知らないことを教えて頂けたことが良かったです。

 

佐希子
ちょっとしたことなんですけど、ちょっと新しい視点があると変わるものですね。

どんな人に食事相談をお勧めしたいか

佐希子
食事相談をどんな方に勧めてあげたいですか?

 

TMさん
どんな人でも食事が気になる人には一度受けられると、何か新しい視点ができると思います。

 

佐希子
新しい視点ですね。

では、最後に、言い残したことやご質問があればお願いします。

 

TMさん
佐希子さんが家でよく作っているご飯などをブログ上で掲載してほしいです。

参考にさせてほしいです。

 

佐希子
我が家の食事!ですね。

分かりました。今後、ブログでも紹介しますね。

 

それでは、Mさんご感想頂き、ありがとうございました。

 

 

食事についての相談は、電話相談またはパーソナルレッスンで受け付けています。

 

 

ヨガのグループレッスンの中でも、食事について少しずつお伝えしています。

レッスンスケジュールは下記よりご確認ください。

レッスンスケジュール
ハンバーグ



一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。



 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です