広島の妊婦さんや小さな子どもをお持ちのお母さんが楽しく暮らせるエッセンスを届けるサイト

【あなたのババァ度は何%?】 毎日5分の習慣が 10年後も元気なからだを作る元になる 【脱おばさん体操】ダウンロードはこちら

産後の尿漏れが気になります。おすすめの体操が知りたい。でも、産後すぐに一番優先すべきは横になること。

 
  2018/01/14
 
産後の尿漏れ
この記事を書いている人 - WRITER -
産前産後の身体パートナー。 家庭の中が平和だと世の中が平和で、世界平和につながると本気で信じている助産師・保健師・看護師。 TCS認定コーチ/MCS認定マザーズティーチャー。 お母さんの笑顔のために、プロフェッショナルな寄り添いと主に身体の面からサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

産後2週間の方からご相談を受けました。

尿漏れや、立つとおしもの違和感があるとのことでした。

今日は、そのご相談にお答えします。

 

 

産後2週間の実体験や、他の質問は下記をリンクも参考になります。

母乳不足?産後2週間の実体験。旦那さんのこんな姿勢に助けられました。

「母乳が足りない?生後2週間で不安を感じています。」にお答えします。

ご質問

尿漏れや、お下の違和感が気になります。

オススメの体操を教えてください。

Cさん

産後すぐ、排尿障害になりました。

おしっこがトイレまで持たなくて、じゃーじゃー出てしまいました。

今は、少しマシになりましたが、トイレまで間に合わなくて、じゃーじゃー出るので、大人用のおむつを充ててました。

Cさん

 

今は、落ち着きましたが、立つと膣の違和感があります。

骨盤底筋を鍛えてると、自然と治まりますか?

Cさん

回答

そうでしたか。それは、大変な思いをしましたね。

オススメの体操が知りたい、とのことですが、まずは、横になる時間を確保しましょう。

それが最優先です。

馬場

 

まず、どんな出産だったか教えて頂きましたが、赤ちゃんが大きかったのですね。

妊娠中はさほど、体重が増えているわけでもないですし、妊娠中は尿漏れもありませんでしたよね。

元々、よく身体を動かされて、体幹の筋力もしっかりありましたし、骨盤底筋を整えるようなこともなさっていましたよね。

妊娠前から、身体をしっかり使ってきたので、「尿漏れ」→「体操すれば良くなる」→「がんばろう!鍛えよう!」という思考になるのもよく分かります。

 

産後2週間で、”動きたくなってきた”というのは、産後の回復の兆しなんです。

 

それは、それで良いのですが、まずは、しっかり横になる時間を作ることが最優先です。

床上げの時期までは、とにかく横になる時間を作りましょう。

 

今の生活はいかがですか。横になる時間はどれくらい作れていますか。

馬場

 

そう言われると、無理してたかもしれません。

上の子がいるし。

手伝いに来てくれていた親も帰ったし。

旦那さんもよく手伝ってくれるんですけど、負担をかけちゃってるなって、無理してましたね。

寝てるのが申し訳ないなって。

Cさん

 

そうですか。

上のお子さんもいらっしゃると、よほど意識しないと、つい動き過ぎてしまいますね。

寝てると申し訳なくなる氣持ちもよく分かります。

 

ですが今は、とっても大事な時期ですよ。

 

赤ちゃんが生まれたこのタイミングは、家族の再構成の時期でもあります。

今までおひとりでがんばって来られたのでしょうが、周りの人に甘えて助けてもらうことも必要ですね。

馬場

 

旦那に聞かせたいです。

Cさん

 

まだ産後2週間ですよね。

今しかないですよ。

産後1ヶ月くらいまでは、ご家族も容認してくれますよね。

それが、例えば産後半年になって今と同じようにゴロゴロ横になっていたら、ご家族はどう思うでしょう。

この先、赤ちゃんもどんどん重たくなりますよね。

この子宮が元に戻っていく時期はとっても大切な時期です。

馬場

 

そうですね。

あとは、産後に元気だったので、病院の中で動き過ぎました。

Cさん

 

そうですか。

時間は戻らないので、今できることをやっていきましょう。

立つと違和感があるということですよね。

その感覚も、ご自身でよく分かっていらっしゃいます。

身体の感覚に気付けているので、あとは、その感覚を大事にして、どうすれば心地よいのかを見つけていきましょう。

馬場

 

下腹部が重いと感じたら、すぐに横になるようにするとか。

お下に違和感を感じる時は、無理してたんだな、と氣付いて、横になる時間を作るようにしましょう。

馬場

 

横になる時間を増やしながら、寝ながらできることをやっていきましょう。

呼吸でできることもあります。

横隔膜と骨盤底筋は連動して動くので、深く吐いて、骨盤底筋を締めることを意識するだけでも効果があります。

 

日々の姿勢や動作で気をつけられることもあります。

立つ時に親指を意識して立つことも意識されてみてください。

まずは、できることから、こつこつやっていきましょうね。

馬場

 

長くなりましたので、具体的な方法や、産後の養生がなぜ必要なのかは、別の記事でご紹介します。

産後1ヶ月の安静は大事。そのワケは?

 

 

 

産後にやろうと思っても身体でコツをつかんでいないと難しいものです。

妊娠中から準備しておけるといいですね。

 

 

 

 

産後の方はこちらから。産後の身体の不調を解決していけるよう、レッスンしています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産前産後の身体パートナー。 家庭の中が平和だと世の中が平和で、世界平和につながると本気で信じている助産師・保健師・看護師。 TCS認定コーチ/MCS認定マザーズティーチャー。 お母さんの笑顔のために、プロフェッショナルな寄り添いと主に身体の面からサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 馬場佐希子@産前産後のプロ , 2016 All Rights Reserved.