活版印刷の名刺がかわい過ぎるっ!好きなものを大切に、丁寧に暮らしたい。

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

この2月にかみをりさんに新しい名刺を作ってもらいました。

IMG_0018

本当は、2/25のイベントで使用する予定でした。

そちらのイベントは、息子の体調不良により急遽中止致しました。

あらためて、楽しみにしていただいた皆さんや、ご尽力頂きました関係者の皆さまには大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

活版印刷

ところで、この名刺、活版印刷なんです。

活版印刷、ご存知ですか?

活版印刷(かっぱんいんさつ)は、活版(活字を組み合わせて作った版)で印刷すること。

また、その印刷物。鉛版・線画凸版・樹脂版などの印刷も含めていう。

活版刷りともいう。

*Wikipediaより

これを印刷するのに、ものすごい労力が必要ですよね。

自分で簡単に名刺が作れてしまうこの時代です。

とてつもない労力がかかって出来上がったこの名刺、愛着がわきます。

好き過ぎる

すごいですよね!

たまりませんよね!

めちゃかわいいです。

こういうアナログなものに惹かれるんです。

私自身がアナログな人なのかもしれません。

昭和の匂いがすると言われます。

実年齢より10歳くらい、いつも上に見られます。(笑)

写真より本物の方が良いともよく言われます。(笑)

単に老けてるだけ?!

_MG_0268

笑えませんね。

そろそろ、実年齢との差が埋まってくると信じています。(笑)

プロフィールに、私がどんな人か書いています。

連絡手段の使用割合

ところで、あなたは最近手紙を書きましたか?

今はメールが主流の時代です。

年代別で連絡手段の使用割合も変わりますが、手紙を連絡手段の主とすることはまずないですよね。

ビジネスの場合は、電話の使用頻度も高いですが、プライベートでは、圧倒的にメールの方が使用割合が高くなっています。

心を込めて手紙を書く

こんな時代だからこそ、手書きの手紙は心に響くものがあるのではないでしょうか。

字に対してコンプレックスがある人もいますが、丁寧に心を込めて書くことで氣持ちが伝わります。

 

 

単に好きなだけ?!

IMG_0016

このレターセットも、上二つの「だるま」さんと「秋のさんぽ」は活版刷です。

かわいい。

IMG_0019

切手も好きな人は好きですよね。
集めてたりして、ね。

切手には、これまで大して興味ありませんでした。

それが、小さなここに、いろんなものが詰まっていると思うと、ここ最近どうしようもなくかわいく思えてきました。

相手のことを考える

手紙を受け取った人が、どう感じるかな、とか想像すると楽しいです。

相手と一体化するということでしょうか。

シュタイナー的な「共感」と「反感」。子どもへの対応、あなたはどうする??

こちらの記事で、一体化することについて書いています。

切手やレターセットは季節ものも多いので、季節感を感じられるように配慮すると、自然と丁寧な暮らしに近付くのではないかと実践中です。

お茶菓子が春を運んできた!五感を刺戟し所作が身に付く茶道から、日常を考える。

こちらの記事にも、季節のことや感覚のことを書いています。

おわりに

活版印刷で、かみをりさんに名刺を作っていただいた話から随分と広がりました。

IMG_0017

でも、これらは全部私の中では繋がっています。

ともすれば、雑になってしまう日常のことです。

だから、意識して丁寧に暮らすことを心掛けています。

また、ご紹介したように、自分の好きなものを使うことで、自分の感覚を大事にするようにしています。

こういうのは、ヨガ的です。

あなたには、すきまがありますか?

ヨガは、「動」「食」「息」「想」「環境」から考えます。

好きこそものの上手なれ!楽しいから続けられるヨガ。にも書いてあります。

続けてこそのヨガの効果。なぜ、「自分で自分を整える」ことを大切にするか。も参考になります。

ヨガといえば、体操的な「動」や、「息」=呼吸、「想」の瞑想をよくイメージされますが、ヨガが日常で生きてくることはたくさんあります。

私も、身近なところから、できることからやっています。

そんなことを話しながらのヨガのスケジュールはこちらからご確認下さい。
ヨガのレッスンスケジュールはこちらのボタンをクリックして下さい。

レッスンスケジュール

お問い合わせは下記のボタンよりお願いします。

お問い合わせ



一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。



 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です