「冥想」と「瞑想」。心の動きを止めると、スカッとする!

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

今日はちょっとヨガっぽいことを書きます。

そして、私のチャレンジ!

30分でブログを書くこと!に挑戦します。

見苦しい点はお許しを。

ヨガって、何?

呼吸すること?体操すること?冥想すること?

全部ヨガです。

では、ヨガの体操は?

身体が柔らかくないとできない?

どこに足があって、手があるんだ?みたいなヘンテコな格好?

ひっくり返って大丈夫?!

そんなに反っちゃうの?!

組み合わせで、ものすごい数のポーズがあります。

で、そんなことしながら、何やっているかというと、身体と心に効いてきます。

ヨガは動禅

ポーズをとったら、そこでしばらく止まります。

これは、身体と同じく、心の動きも止まるようになってきます。

ヨガが、「動禅」だと言われる所以です。

あなたの頭、常に忙しくない?

現代人は、どうしても、目と頭を酷使しがち。

私もそうです。

頭が忙しい。

もう、それが常になっているので、頭の動きを止める=心の動きを止めることができません。

私がマタニティヨガをおすすめする、たったひとつの理由。で、妊娠、出産、産後でなぜ目を酷使しない方が良いのかを書いています。

何かに集中すると、無心になりやすい

だから、時々こういうことをします。

IMG_0044

チクチク、チクチク、ちくちく。

集中することで条件反射的に無心になります。

ただ、針仕事は目を酷使するので、神経系は休まらないような氣がします。

どうでしょうね。

間違っても、産前産後の人は控えてくださいね。

昔の人は、「産後の針仕事は目を潰す」と言ったものです。

α波

冥想状態で最高に安定している時の脳波は、α波だと言われています。

可もなく、不可もなく。

有ってもいいし、無くてもいい。

そんな状態です。

あなたには、すきまがありますか?

興奮状態、緊張状態はγ派です。

茶道も「禅」

政をする人なんかに茶道をしている方は多いですが、無心になると、ひらめきが出やすかったり、直感が冴えたりします。

正しい判断や決断をしやすくなります。

私も、茶道を始めて、良い影響がありました。

お茶菓子が春を運んできた!五感を刺戟し所作が身に付く茶道から、日常を考える。

「日日是好日」あなたは、”今、ここ”に居ますか?

集中しているから、心の動きが止まります。

内観する

心の動きを止めるために、じーっと自分の中を見ていると、次第に思い浮かばなくなってきます。

そうすると、しめたものです。

始めは、どんどん、どんどん、考えがあっちに行ったり、こっちに行ったり、また帰ってきたり、行ったり来たり、頭の中がぐるぐる、ぐるぐる。

全然、止まりません。(笑)

邪念ばっかり。

その動きを、じーっと見ます。

批判せずに、ただその心の動きを観察します。

そうしているうちに、次第に無心になってきます。

「座禅」のように、ただ座ってこれをやるのは、以外と難しいです。

だから、動きながらやるんです。

動きを止める→心も止める

これが、自然とできてくるようになります。

「冥想」と「瞑想」

「瞑想」は、あなたがイメージするものに近いと思います。

座禅のように、座ってする「瞑想」です。

私がお伝えしている沖ヨガの「冥想」は、生活の中で行うものです。

暮らしの中で、自分の中を見ていきます。

ひたすら、自分を観察していると、心の癖にも氣付いてきます。

ですが、それを批判するのではないのです。

ただ、見るんです。

終わりに

いかがでしたか?

今日は、ヨガっぽいことを書きました。

最近、和の頭蓋仙骨療法を受けて、ひっさしぶりに、忙しい頭が止まって、いい感じになったので、書きたくなりました。

単に、ちくちくした写真を載せたかっただけです。(笑)

IMG_0044

で、ブログを30分で書くことにも挑戦したかったのです。

見直しもせずに今日は勢いで書きました!

後日修正します。(笑)

どうぞ、あなたも、「冥想」を生活の中に取り入れてみてください。

 

 

 

ヨガのレッスンスケジュールはこちらのボタンをクリックして下さい。

レッスンスケジュール

お問い合わせは下記のボタンよりお願いします。

お問い合わせ



一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。



 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です