妊娠、出産、子育てに関するたくさんの心配や不安。その不安に飲まれるな!

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

あなたは、妊娠や出産、子育ての不安にのまれていませんか?

最近の私、不安や悩みに飲み込まれて、溺れそうでした。

危ない、危ない。(笑)

今日は、その不安にどう対処するかを記事にしました。

この記事は、こんな人におすすめです!
  • 子育てに自信がない
  • 出産への不安がある
  • ふたり目育児に自信がない

妊娠、出産への不安を明確にしてみよう

漠然とした妊娠、出産への不安をリストアップしてみる

漠然とした不安を「見える化」します。
見える化

そうすることで、これは大したことないな、と手放すことができたり、これに対してはここにサポートを求めよう、と解決策が見えてきたり、良いイメージが湧いたりします。

  • 妊娠中、無事に過ごせるかな。
  • また切迫早産にならないかな。
  • どこまで動いたらいいか分からないな。
  • 上の子どうしよう。
    抱っこもしてあげられてないな。
  • 仕事もあるけど、どうしよう。
  • ひとり目は出産に時間がかかったから、今回もそうかな。
    長い陣痛、乗り越えられるかな。
  • 赤ちゃんと、自分が無事で出産を終えられるかな。
  • 赤ちゃんが産まれてからの生活もどんなだろう。
  • しばらくは、上の子を外遊びにも連れて行ってあげられないな。

・・・などなど。

何でも良いのです。

どんなことでもいいのです。

抱え込まないで、まずは「見える化」してみましょう。

 

妊娠、出産への不安をリストアップしたら、すべきことが見えてくる

漠然とした不安や心配に対しては、対処法も見つかりにくいものです。

それが、具体的にリストアップすることで、どうでしょう。
対処法や解決策がはっきりしてきたのではないですか。

例えば、仕事のことどうしよう、と思っていらしたら、それに対して、職場に協力してもられること、家族間で調整できること、外部委託の必要性など、対策が浮かんできますよね。

たくさんの漠然とした不安を抱えていたら、それだけで疲弊してしまいます。

不安に飲まれそうなときは、そこに溺れず、ゆらゆらと漂いながら、手放せるものは手放していきましょう。

出産のことをイメージするには、下記の記事がオススメです。
バースプランに書き加えて欲しい、あるひとつのこと。
バースプランって何書けばいいの?!と戸惑っているあなたに。

潜在的な力を信じよう

思い出して下さい。
あなたが受胎した時の、その幸せな氣持ち。

子どもを授かったということは、それだけの準備が身体にはあったということです。

産み育てる力があるのだということに、自信を持って下さい。

不安を助長する情報の多さ

今は、とにかく情報が多いですよね。

あなたにとって、それが良いのか悪いのかも分からないのです。

不安をあおるような情報もたくさんあります。

例えば、予防接種ひとつとってもそうですよね。

何かと言えば、予防です。
確かに、そうなのかもしれません。
病気になる前になんとかしたい、そう思うのは当然のことでしょう。

ですが、それ以前に丈夫な身体であれば、病気も寄せ付けないのではないでしょうか。
たとえ病気になったとしても、丈夫であれば、なんてことなく過ぎていくことを思い出して下さい。

人の持つ、潜在的な力というのは計り知れません。
生命力ってすごいですよね?!

ならば、不安に雁字搦めになるよりも、まずは身体を作っていくこと、身体を整えていくことが大事だと思いませんか。

赤ちゃんはあなたのお腹の中で育っているのです。

あなたが丈夫であれば、お腹の中の赤ちゃんも丈夫になっていくと考えるのが自然ではありませんか?

IMG_0020

科学がすべてなの??

こんなことを言うと、エビデンス偏重の医療界で、何を言っているんだと怒られそうですが、エビデンスだって、ひっくり返ることがあります。

分からないことの方が多いのです。
科学で分かることなんて、ほんの少しです。

ですから、身体の感覚を磨いて、あなたの身体で感じてみて下さい。
赤ちゃんの言い分も、感じてみて下さい。

あなたのことは、あなたにしか分かりません。
自分の感覚に自信を持って下さい。

妊娠・出産・産後は、本能的な勘や直感力が冴えています。
心地よく暮らすために、更にそれを磨いていって下さい。

あなたが幸せで、心地よくあることが第一ですよね!

私がマタニティヨガをおすすめする、たったひとつの理由。に身体感覚を磨くことについて書いてあります。
安産を望むなら、これだけは必要。
お産の時、リラッスするために必要なこと。
これらの記事も、お産に向けて身体を整える必要性を書いています。

答えはすぐそこに!

今までは、本を読んで、調べて、講座を受けて、お勉強して、わかることの方が多かったかもしれません。
ですが、いざ出産にまつわることになると分からないことの方が多いですよね。

頭で分かったつもりになって、実は分かっていなかったなんてこともあります。
(私だけ?!)

育児だって、そうですよね。

正解が分かりません。

あの子にとって良かったそれが、うちの子にとって良いとは限りません。
色んなお子さんがいます。

いろ〜んな情報があります。

真理はひとつですが、方法はたーくさんあるのです。

誰かの情報にとらわれないで、どうぞあなたの感覚を大事にして下さい。

目の前のお子さんのことをよーく見て下さい。
お子さんが全て答えを出してくれています。
目の温湿布

ですが、苦しい時は、そのことしか見えなくなっていますよね。
渦中にいると、周りは見えないものです。
たくさんの雑音としか思えないものです。

私もそんな時もありました。

出産に向けて、少しずつ準備しよう

あなたにとって何が良いのかは分かりません。
だから、あなたが良いと思うものを選んで下さい。

身体を整えるのも、心を整えるのも、出産に向けての準備も、急に出来るものではありませんね。

少しずつ、始めてみて下さい。

マタニティヨガで準備する

仲良しのひとみちゃんが、マタニティヨガの後に、次のような感想をくれました。

「毎日家事に育児に仕事に、1人目の時のようになかなかお腹の子とゆっくり向き合う時間がなく、マタニティヨガも初回の時は意識がいろんな所に行って、なかなかお腹の赤ちゃんに集中できず、先生にも指摘されてしまいました。

でも回を重ねるごとにお腹の赤ちゃんとゆったり繋がっている感覚がありました。

それはヨガをしている時間だけでなく、ヨガが終わってから、色々話たり、先生がお腹に手を当ててくれて、赤ちゃんに話しかけてくれたり、そんな時間も含めてそうなれたように思います。

先生が手を置くとお腹がじんわりあったかくてとっても気持ちよかったです。

1人目の出産がとても長丁場だったので、出産自体に対する恐れのようなものがあったのですが、なんとなく、赤ちゃんが産まれて来ようとする自然の流れを信じられるようになりました。

実際、月の満ち欠けや、潮の満ち引きに導かれるように、とても安産でした。

今度は産後ヨガでぜひ体を整えたいです。」

ひとみちゃんが書いてくれたように、だんだんと準備ができてくるものなのです。

色んな感情を行ったり来たりしながら、身体の変化もじんわりじんわり起こってきながら、お腹の赤ちゃんもゆっくりゆっくり大きくなりながら。

どうぞ、あなたも産み育てるための準備を始めて下さい。
南行徳ブレスさんでのマタニティヨガ。少人数でゆったりと。に、妊娠週数や置かれている状況で心の動きが違うことを、参加者さんの感想を入れて書いています。

良いイメージを空想する

不安に飲まれることなく、良いイメージが浮かんだら、それを空想して寝ます。
そうすると、その空想が実現してきますよ。
なんの道具もいりません。
良いイメージを空想して、心に描いて寝て下さい。

おやすみなさい。

ヨガのレッスンスケジュールはこちらのボタンをクリックして下さい。

レッスンスケジュール

お問い合わせは下記のボタンよりお願いします。

お問い合わせ


『自信を持って母乳育児ができる方法』を
無料E-Bookにしました。

出産や育児に不安はあって当たり前。

 

ヒトの身体はうまくできています。

自分に対する信頼や自信を持つことができるように。

赤ちゃんことも信頼して子育てできるように。

自分の感覚を大事にして子育てできるように、書きました。

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です