指湯の方法と効果。目の疲れや、首こり、肩こり、頭の緊張が楽になります。

指湯

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

今日は指湯についてご紹介します。

A子さん
指湯?

は?何それ?

って思いました?

思いましたよね。

も一回言いますね。

指湯です。

指湯

 

秋口は、寒くなり、首や肩が緊張しやすくなります。

また、冷えが足元から入ってきます。

そんな時は、指湯の他に足湯もオススメです。

こちらの記事も参考になります。

足湯の方法と効果。困ったときの足湯頼み。我が家はこんな時に実践しています。

 

 

指湯の効果

神経系を緩めます。

神経系って何って思いましたね?

指湯をしてみると、具体的には、以下のような変化を感じて頂けます。

  • 頭の緊張が楽になる
  • 目の疲れが楽になる
  • 首こり、肩こりがほぐれやすくなる
  • 首の緊張、肩の緊張が抜けやすい

 

指湯の方法

指湯に必要な道具

  • 指がすっぽり浸かるくらいの容器
  • 熱めのお湯と差し湯
  • タオル

 

指湯の方法

 

指湯

写真1.

  1. 指がすっぽり浸かるくらいの容器に、氣持ちいいと感じる程度の熱さのお湯を準備します。
  2. お湯の温度が下がっていくので、差し湯も用意しておきます。
  3. お湯を張った容器に、指を入れます。(写真1.参照
  4. 親指は、第2関節まで、他の4本の指は、第3関節まで入れます。(写真2.参照。拳を作った時に、出っ張る関節がすっぽり浸かるように入れます。*1.)
  5. 熱さを感じている指の感覚を観察してみます。
  6. 熱さを感じにくい指はないか、などを観察します。
  7. 途中で温度が下がるようなら、差し湯をします。
  8. じんわり解けていく感覚があったら、指を引き上げておしまいにします。
  9. 指を引き上げたら、根元から先端に向けて良く拭きます。
  10. 拭いた後に、赤みが少ない手もしくは指があれば、そちらだけ再度浸けます。
  11. じんわり熱さが馴染んできたらおしまいにして指を引き上げ、よく拭きます。

 

 

*1.赤い線の辺りまでお湯に浸かるように入れます。

指湯

写真2.

 

 

 

両手(指湯後)

指湯していない右手と指湯した左手の比較

 

指湯の注意点

私の体感も含めて、注意点をお伝えします。

  • 「ながら」はせずに、集注して行う。

 

  • 火傷しない程度の熱めのお湯を用いる。

写真では、参考までに温度計を入れていますが、あなたがちょうどよく感じる温度で試して下さい。

 

  • 両手を同時に行う。
写真を撮るために、片手だけ指湯したら後で左右差に苦しみました。

左だけ、ふわっと解けたのに、右側がギシギシして、頭にすごい違和感がありました。

 

  • 終わった後は、ゆったり休むのがおすすめ。寝る前に行うのが良いでしょう。
ものは試しに、指湯の後、PC作業をしてみたことがありますが、最悪です。

肩こり、首こり、目の疲れを一層強く感じます。

真似せぬようお願いします。

 

まとめ

とっても簡単な指湯。

お湯の熱さがじんわり沁みてきて、首や肩周りがふわ〜っと解けていく感覚が心地よいです。

目の疲れが抜けて、楽になります。

首肩が楽になり、頭の緊張も抜けるので、上半身がとても軽く感じます。

 

これから寒くなってくると、首や肩が緊張して硬くなりやすいです。

そんな時に試してみてください。

スマホやPCをよく使う人にも、自分でできるメンテナンスとしておすすめです。

試してみて下さい。

 

下記の本も参考になります。

 

身体感覚を磨く12カ月 (ちくま文庫)

 

 

 

いいね(08) 2014年 12 月号 [雑誌] (月刊クーヨン増刊)

 

 

他に、足湯や、目の温湿布など、自分でできるメンテナンス方法もご紹介しています。

不調を感じた時に、実践してみて下さい。

足湯の方法と効果。困ったときの足湯頼み。我が家はこんな時に実践しています。

目の温湿布の方法。目の温湿布で、骨盤の動きをスムーズに。

 

季節のお手当ても、レッスンの中でお伝えしています。

妊娠・出産・育児を応援するメルマガを発行しています。

体験会の優先案内、最新情報が届くメルマガは下記フォームから登録できます▼▼▼

妊娠やお産、子育てに役立つ情報をいち早くゲット!
メルマガに登録する
お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス(必須)

 

携帯メールアドレス(特にdocomo)や無料アドレスよりお申込みいただいた場合、迷惑メールと判断されメールが届かない場合があります。

メール:info@tanpotokoyoga.comからのドメイン指定受信の設定をお願いします。

指湯



一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。



 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です