最新のお知らせ!!

11月追加日程公開!!いますぐクリック▼▼▼

足湯の方法と効果。困ったときの足湯頼み。我が家はこんな時に実践しています。

どうも。『産前産後の身体パートナー』馬場佐希子です。

今日は足湯の方法をご紹介します。
こういう日常に取り入れられるお手当ての方法を知っておくと、快適に過ごせる助けになります。

 

ここで紹介する方法は、整体的な足湯の方法です。

温度の刺激を利用するので、巷でよく見る「42度くらいのお湯にゆっくり20分浸かる」というものとは異なります。

それを念頭に置いて読み進めてください。

足湯を実践する時ー我が家の場合ー

【子どもに足湯をする時】

  • 息子たちが、流行に乗っかって、インフルエンザに罹った時
  • 子どもの喉痛
  • 子どもの熱がある時(でも元氣な時、起きていられない程の時はやらない)

 

【私自身が足湯をする時】

  • 喉が痛い時
  • 冷えを感じる時
  • 疲れが溜まっている時
  • 目を使い過ぎた時
  • 熱が出た時
  • お腹が冷える時

 

私は、疲れるとすぐに喉にくるタイプなので、おかしいな、という時はすぐ実践しています。

困ったときの、足湯なのです。

 

足湯
ふたりで入ると、どちらかが動くとお湯が動いて熱く感じます。

一人に必要だと、必ず同じように入りたがります。

 

結果、いつも二人で入っています。

「熱いから動かないで〜っ」と言いながら。

 

リラックスできる状態で入るというのも、大事です。

*理由は後述します。

足湯に必要なもの

  • バケツ
  • タオル
  • 温度計
  • 差し湯用のお湯やポット
  • バケツの下に敷くバスタオル、新聞紙など(お風呂など、下が濡れても良い場合は不要)

 

我が家のバケツはこれです。

 

 

 

リス『使い易いバケツ』 ベルクバケツ 5SB 本体 ブルー

 

我が家の温度計はこれです。

 

タニタ スティック温度計 グリーン TT-533-GR

よく見る足湯専用のバケツじゃなくても十分使えています。

掃除も簡単です。

 

足湯の方法

IMG_3459
  1. 普段の入浴温度より2〜3度高いお湯を準備します。
  2. 踝まで湯につけ、その状態で6分保ちます。
  3. 初めの温度より冷めないよう、差し湯しながら行います。
    お湯を差すときは子どもの足にかからないように注意して下さい。
    差し湯は熱湯ではなく、60〜70度を用意しておくと安心でしょう。
  4. 6分経ったら足を乾いたタオルで拭きます。
    両足を比べて、赤くなってない方の足があれば、赤くない方の足だけ追加で2分、更に1度高めた湯の中へつけます。
  5. そうすると、両方揃って赤くなるので、よく拭きます。
  6. 水を飲んで寝ます。

足湯のちょっとしたコツ

  • お湯に浸かっていないところが冷えるので、バルタオルなどをかけておく。
  • リラックスできる環境で行う。(整体的な足湯の場合、足湯しながら読書とかスマホはなし。神経系を緩めたいのに、読書やスマホは逆効果。)
  • 足湯の後は寝る。
  • 寝ている間に汗をかくので着替えを準備してから寝る。

 

【参考までに】

自分が調子が悪くて、誰かに準備や片付けを頼めない場合は、浴槽の縁に腰掛けて足湯しています。(滑らないように注意!)

なぜなら、準備も片付けも簡単だからです。

ただ、お風呂場は冷えやすいので、掛物を多めに羽織るなどの工夫が必要です。

浴槽の縁も意外とお尻から冷えるので、お尻の下にバスタオルを敷いておくと良いです。

 

足湯の効果ーこんな時に効果的ー

  • 神経系統を緩めたい時
  • 首、足首、手首、腰の関連
  • 風邪のひき始め
  • 成長痛にも
  • 冷えが原因の不調にも

神経系統を緩めたい時

足首、手首、首は関連しています。

足首が緩むと、首の緊張が緩みます。

首の緊張が緩むと、頭の緊張が楽になります。

 

首の緊張を直接緩めるのに、こんな動画も用意しました。

首こり解消!首こりを緩める方法を3分の動画で紹介。

直接緩めるのも良いけれど、足湯でも首の緊張が緩むのです。

試してみてください。

 

首、足首、手首、腰の関連

足湯で、腰痛も改善します。

東洋的な考えですが、身体は関連部位というのがあります。

全身繋がっています。

足から冷えが入って、腰痛がある場合もあります。

足元から捻れたり、歪んだりしている腰痛の場合も、足湯によって楽になります。

 

風邪のひき始めに

喉の痛みがある風邪のひき始めなんて、この方法でスカッと抜けます。

何度も助けられました。

風邪をうまく経過させるために私がした5つのこと。

 

成長痛にも

我が家の子どもは、まだ成長痛が出る時期ではありませんが、体験談として話を聞きます。

成長痛ではありませんが、我が家の場合、緊張が緩むのか、子どもの寝付きもめちゃくちゃ良くなります。

お湯を片付けている間に、「あっ、寝てる。」という、うれしいおまけ付きです。(笑)

 

冷えが原因の不調に

季節的なものもありますが、秋口は特に足元から冷えが入りやすいです。

足湯による冷えとりで、不調が楽になります。

 

足湯と脚湯の違い

足湯脚湯がありますので、簡単に違いを書いておきます。

【足湯】

  • 呼吸器系の風邪に
  • のどの痛い風邪に
  • 足内側を圧迫して痛い時
  • が隠れるまでのお湯につける
  • 湯の温度は、入浴温度より2.5〜3度高い湯(42〜45度)
  • 湯に入れて6分保つ

 

【脚湯】

  • 消化器系の風邪に
  • 膝下外側を圧迫して痛い時
  • が隠れるまでのお湯につける
  • 湯の温度は、入浴温度より2度高い湯(42〜45度)
  • 湯に入れて4〜6分保つ

足湯の方法について参考になる本

私は下記の野口晴哉先生の本で46度6分、追加で2分と覚えていました。

あくまでも、それは目安というか、基本です。
一番大事にしたいのは、感覚なんだなと、後述の山上亮先生の言葉で「はっ!」としました。

整体入門 (ちくま文庫)

 

 
風邪の効用 (ちくま文庫)

 

 

山上亮先生の本にも、足湯の方法が紹介されています。

子どものこころにふれる 整体的子育て

足湯をする時も、感覚を大切にしよう

子どものこころにふれる 整体的子育て」で有名な山上亮先生は、

「子どもは時間的にはその半分。3分くらいでも。
温度も加減しながら。」

と、講座で仰っていました。

IMG_3489

 

ちょっと熱いくらいがベスト。

「熱っっっっっつ!!!!」は熱過ぎです。

熱の刺激を利用する訳なので、ちょっと熱いくらいでやります。

私は大雑把なので、「熱っっっっっっっ!」とか、「ぬるっっっっっ。」とかよくあります。
で、行ったり来たり。
初めから準備してやれば、なんてことないのですが。

また、氣が逸れている時は、温度も1回でしっくり行きません。

 

山上亮先生が次のように仰ったのも、印象的でした。

「(お母さん自身がされるときも、)温度にしばられるより、感覚でやってみて下さい」

 

山上亮先生

山上亮先生の「人間木登り」

 

まずは、お母さんである、あなたが体感してみるとよいでしょう。

頭をぽか〜んとして湯の中に足を入れていると、

  • ある時から、突然に身体がくわっ!と熱くなってくる感覚とか、
  • 足湯後の、緊張が緩んですっーと心地よく眠りに誘われる感覚とか、
  • どんどんと汗が出てくる感じとか、
  • 目覚めの爽快感とか、

そういったものを体感して下さい。

 

足湯という、その行為が温める

子どもには、まずは嫌がられないことが肝心です。

お子さんの花粉症。今から対策して、この春は機嫌良く過ごそう!で、目の温湿布の方法を書きましたが、まずは、子どもが喜んで乗ってくるように、心地よさを伝えることから始めてみて下さい。

熱すぎて、嫌になって、アウト〜ッ!となってしまうのは残念です。

心地よい温度から始めて、だんだんと差し湯で温度を上げていきます。

日頃からお母さんがやってみせておくことで、抵抗がなくなります。
一緒に入ってやる、というのも良いですね。

足湯するという行為そのものが、心も身体も温めます。

 

子どもに”氣をかけてやる”

子どもは親の注意の集注で生きているようなものです。

子どもは親の氣が逸れると、怪我をしたり、病気をしたり、あえて怒られるようなことをしたりします。

親の注意を引きたいがために、風邪が長引いたりします。

「子どもは、氣で生きているようなもの」

とも、山上亮先生も仰っていました。

こんなお手当ての方法もお伝えしながら、ヨガのレッスンをしています。

 

お腹のマッサージで症状軽減。お子さんの花粉症に対してできること。にもお手当ての方法を書いています。

お伝えするだけじゃなく、みんなで体験する場があれば良いな、と企てています。

 

妊娠・出産・育児を応援するメルマガを発行しています。

体験会の優先案内、最新情報が届くメルマガは下記フォームから登録できます▼▼▼

妊娠やお産、子育てに役立つ情報をいち早くゲット!
メルマガに登録する
お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス(必須)

 

携帯メールアドレス(特にdocomo)や無料アドレスよりお申込みいただいた場合、迷惑メールと判断されメールが届かない場合があります。

メール:info@tanpotokoyoga.comからのドメイン指定受信の設定をお願いします。



一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。



 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です