社会全体で、子育てできたらいいと思う。

社会全体で子育て

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

先日、子育てしにくいなと感じる出来事があったので、ここに書きます。

主観ばりばりの記事なので、読みたい人だけ読んでください。

いらいら、ギスギス、急か急かしている人が多い

田舎にしばらく帰省していたせいか、人混みに行くと、なんだか苛立っている人とか、やたら急いでいる人に敏感になっています。

と言うより、苛立っている人や、やたら急いでいる人が多過ぎる?!氣がします。

でも、しばらくしたら、自分もこのペースに違和感なく馴染んでいくのでしょうね。

それって、怖いなって思います。

事件はATMで起こった!

そう感じていた矢先に、事件が起こりました。

 

5歳児と3歳児を連れて、ATMに行ったのです。

みなさんお疲れになってくる夕方に。

 

そこで事件は起こりました。

 

ATMで、用事が終わって扉を出る時、すれ違いざまに、

 

『さっさとしてよっ(怒)』

 

と、耳元で、めちゃくちゃ小さい声で言われました。

一瞬、空耳かと思うくらい小さい声で、青白い顔で目が座ってて、怖っ。

 

さーっ、と血の氣が引きました。

 

暑かったので、涼しくなってちょうど良かったです。

パイナップル蜜かき氷

って、違う違う。

「お待たせしました。」って意味を込めて会釈したタイミングに重なったので、なお怖かったです。

子育てしにくい世の中?

下の記事に書きましたが、子どもって全然自分の思い通りにはいきません。

アナフィラキシー?!花粉症?!子どもの即時型症状に対して私が取った4つの行動。

 

コントロールしようとすればするほど、コントロールが効かなくなります。

3歳くらいの子どもってそんなもんです。

 

私は、子育てについて、こういうふうに考えています。

これでいいのだっ!子育てにイライラしてもいいのだっ。

子育てのイライラやストレス、どうにかしたい!私が子育てで大切にしている5つのこと。

 

子どもを連れて、もう少し工夫できることがあったかもしれない

ATMでは、3歳次男が、ゆっくりゆっくり歩いていたので、苛立ちを増したのかもしれません。

その人は、5人待っていたので、待ちくたびれたのかもしれません。

 

  • 待っている人がいるから、3歳次男が画面を操作しようとするのを制し、
  • お財布や通帳は扉を出てからかばんに入れようと、荷物はぐちゃぐちゃ、両手に荷物、何とも中途半端は状態でATMを後にし、
  • ぐっちゃぐちゃの荷物を収めようと、扉の外で立ち止まった

 

そのとき、「さっさとしてよ」の一言。

 

 

  • 荷物をなんとかして、手をつないでやれば良かったな
  • 配慮が足りなかったかな
  • 自分に隙があったかな

 

もう少しどうにかできたかのかもしれません。

でも、もう終わって帰ろうとする人に、その一言いらなくないですか?

子ども

子ども連れて用事するって、ガチャガチャして大変なことも多いですよね。

だから、できるだけ一人の時間に済ませるようにしています。

それでも、突然必要になることだってありますよね。

そのタイミングでしかできないこともあります。

 

ネットバンキング使えばいいって?

なんか、嫌なんですよね、ネットバンキング。

なんか嫌っていう、感覚を大事にしたいと思っています。

 

 

 

 

しかも、私はママチャリに乗らないし、すぐそこまでなので、車もめったなことでは乗りません。

子どもと一緒の移動手段は徒歩または公共の交通機関です。

ATMまで、子どもの足で15〜20分。

 

真昼間を避け、少し涼しくなった夕方とは言え、まだまだ暑い時期です。

暑っい中歩いたら、到着した頃には疲れてぐずるの必至です。

子どももよく歩いて一緒に来てくれました。

 

小さいお子さんをお持ちのあなた、災害時の準備できていますか。抱っことおんぶのこと。

この記事に書いたのですが、子育てって大変なことも多いです。

誰かの助けを借りられるなら、素直に甘えたらいいです。

 

そして、手助けできる人が、手助けしていったらいいと思います。

社会全体で、子どもを育てていけたらって思います。

だから、私はこういう活動をしています。

当助産院について

痒いところに手が届く!あなたにとってそんな身近な存在になりたい。「馬場助産院 たんぽぽYOGA」を開業しました。

自分が母親にならなければ、こんなことできなかったかもしれません。

 

原動力は、間違いなく子どもです。

世の中の子育て中のお母さんが楽になって、まずは自分が一番楽になったら、世の中変わるんじゃないかな、と思います。

 

9月からは、託児ありのヨガとマタニティヨガを新しく開催予定です。

  • 実家が遠くて子どもを預ける先がない
  • 子どもと離れて、リフレッシュしたい
  • 肩こり・腰痛がひどくて楽になりたい
  • 上の子がいるので、マタニティヨガに参加したくてもできなかった
  • 子どもを連れて行ける場所がない

こんな人に使ってもらえたら、と思います。

ヨガをしながら、いろんな思いを共有しましょう。

 

レッスンでお待ちしています。

ヨガのレッスンスケジュールは下記のボタンよりご確認ください。

レッスンスケジュール

お問い合わせは下記のボタンをクリックして下さい。

お問い合わせ

社会全体で子育て


特典付き!優先登録
一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。

 

【4/28まで限定特典】

解説動画プレゼント!
◆ダウンロードした方限定シークレット特典!


 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です