私がマタニティヨガをおすすめする、たったひとつの理由。

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

今日は、私がマタニティヨガをお勧めする理由を書きます。

この記事は、こんな人におすすめです!
マタニティヨガってお産にどんな風に役に立つの?と思っている方

私がマタニティヨガをおすすめする理由。

それは、自分の感覚に素直になれるからです。

え?それだけ?

そう、それだけです。
奥が深いんですよ、これ。

なぜマタニティヨガをすると良いのか、説明していきますね。

マタニティヨガをすると、感覚が繊細になる

あなたは、お産のイメージはできていますか。

例えば・・・

食事中の方、失礼します。
う○ちをする時のことをイメージしてみて下さい。

  • どんな環境だと出やすいか
  • どんな時に出にくいか
  • すっきり出やすいのはどんな時か

イメージできましたか?

これは、お産のときの状況と、大体一致します。

う○ちと一緒にするな!という声が聞こえてきそう・・・。
す、すみません。

例えば、う○ちは、リラックスした時にするっと出ますよね。
時間に追われて焦っていたり、やることがいっぱいで忙しかったり、頭が忙しい時には出てきませんよね。
人に見られていても出ない。

そんな状況では、う○ちの出そうな気配も感じられませんし、う○ちを出したいという自分の身体の声は聞こえませんよね。

感覚というのは、そういうものです。
案外、外的な環境にも左右されやすいのです。

 

お産の時にも、置き換えることができます。

マタニティヨガをしていると、その感覚に繊細になるので、自分がどうしたいのかが、感覚的にわかるようになります。

 

マタニティヨガで、身体と心のバランスが整う

あなたの普段の生活で、PCやスマホ、テレビを見ない日はありますか?

目や頭を知らず知らずに酷使している現代の生活です。

目や頭を使うことは多いですが、それは安産と反対に進む方向です。
目や頭を使うなら、足腰もしっかり使って下さい。

目の使いすぎは、目の温湿布でケアするのがオススメです。
目の温湿布の方法を見る

yogaは、’バランス’’調和’という意味もあります。

目や頭ばかり使っているのは、アンバランスですよね。

産院で、「よく歩いてね」と言われませんか。
スクワットや雑巾掛けをおすすめされませんか。
それは、身体を使って、足腰使って、動くことが安産への道だからです。

身体を使うことが少ない現代の人は、当然骨盤の動きも悪くなっています。
骨盤の動きが良い方が、するんと産まれてきます。

骨盤の動き?と思ったあなた。

お産の時にはもちろん、日常生活でも、腰は身体の要になるところです。
日常生活で骨盤の動きを意識することはありますか?

まずは意識することから始めましょう。

マタニティヨガは、骨盤の動きも良くしますし、目や頭を休めて、リラックスする時間になります。

マタニティヨガ

 

マタニティヨガで身体感覚が研ぎ澄まされていくと、あなたの中で心地よくあるための引き出しが増えていく

現代の人は、頭を使うことは得意です。

お産は、身体を使います。

肚を使います。
身体の感覚です。
足腰が鍛えられ、身体が整っているほどうまくいきます。

身体の感覚と言われても、初めはよく分からないかもしれません。

  • こうしたほうが気持ちいいな。
  • ここがきついな、ならばこうしよう。

ヨガをしていると、自然と自分の身体の感覚が分かってきます。

そして、ヨガで動く中で、こんなときはこうしよう、という引き出しがあなた自身の中で増えていきます。

今まで氣付かなかった感覚にも氣付いてきます。
実は肩が凝っていたのに、腰痛ばかりが氣になって、肩こりはほったらかしだった、とか。

 

気付いていくと、そこから自然と変化が始まっています。

 

急には難しいかもしれません。

だから、マタニティヨガを繰り返すことで、その引き出しが増やしていけるといいですね。

 

マタニティヨガで、心地よい感覚を身体になじませる

頭で理解するのと、身体の感覚で理解するのは全く別物ですよね。

例えば、茶道。
お茶を点てるときに、肚を使うと、手の力はいりません。
肘から先は力が抜けている状態。
無理なくおいしいお茶が立てられます。

それが、丹田=下腹の力を抜いてみると、手先で捏ねているような感覚になります。
腕や手首までがちがち。
お茶の味もいまひとつ。

つつじ

全く違うのです。

そういう身体の使い方は、お茶を点てるときだけでなく、日常の動作にも使えます。
マタニティヨガもそれと同じです。

物を持つ時、子どもを抱く時、子どもに触れる時にも手が変わります。

ふわっと、優しくなります。

動作が変わります。

無駄な力が抜けます。
所作や立ち居振る舞いができていると楽なのです。

ここに書いても、文字だけではよく分からないように、身体の感覚も、身体を使うことでしか理解は深まりません。

昔は花嫁修業と称して、華道や茶道、礼法などを習いましたよね。
それらは、身体感覚と直結します。
楽な身体の使い方を身につけておけば、お産の時だけでなく、生活そのものが楽になるのです。

お産は日常の延長線上にあります。
お産がその後の育児にも影響します。
ず〜っと繋がっているのです。

なぜ、マタニティヨガなのか

歩くことでいいんじゃない?
それも良いでしょう。

歩くことは、足腰使って、骨盤も動きます。
ただ、歩くことは緊張と弛緩とで言えば、緊張の方です。
身体が締まる。
ヨガは、緊張と弛緩を両方やります。
身体が整います。

お産の講座でいいんじゃない?
それも良いでしょう。
けれど、講座は頭で理解する部分が大きいですね。
できれば、体感することもやってみて下さい。

ヨガは「動禅」

動いて感じる。
内観する。

身体の感覚を磨くのです。

そういうのは、体感していくしかありません。
いくら口で説明して、メモを取って、頭で分かったつもりになっても、身体に染み付いてはいません。

だから、お産に必要な身体の感覚を鍛えるのに、マタニティヨガをおすすめします。

マタニティヨガがおすすめな理由を書きましたが、ヨガが自分に合わなければ、何か別のものでも良いのです。
それこそ、あなたの感覚を信じてみて下さい。
あなたが心地よくあることが第一なのです。

ヨガのレッスンスケジュールはこちらのボタンをクリックして下さい。

レッスンスケジュール

お問い合わせは下記のボタンよりお願いします。

お問い合わせ


『自信を持って母乳育児ができる方法』を
無料E-Bookにしました。

出産や育児に不安はあって当たり前。

 

ヒトの身体はうまくできています。

自分に対する信頼や自信を持つことができるように。

赤ちゃんことも信頼して子育てできるように。

自分の感覚を大事にして子育てできるように、書きました。

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です