どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

今日は、「湯たんぽのお湯は使い回すのか?!」問題についてお答えします。

 

 

ご質問

A子さん

 

『湯たんぽのお湯がもったいないなって思います。

子どもの分と、自分のと、3つ使ったら結構な量ですよね。

お湯は使い回していますか?』

 

回答

佐希子

『結論からお伝えしますね。

私は、使い回しています。

こんにゃく湿布の記事で、こんにゃくを使い回すことを書きました。

それと同じように使い回しています。』

『湯たんぽは何を使っていらっしゃいますか?』

 

 

 

A子さん

FASHY スモール湯たんぽです。』

 

 

 

 

佐希子

『”FASHY スモール湯たんぽ“なら、同じですね。』

 

湯たんぽ

『これだと、800㎖入るんですよね。

いっぱいまで入れないとして、600㎖くらいは1回に使いますね。

それが3人分だと、1800㎖だから、だいたい、大きいペットボトル1本分ですね。』

 

『毎回となると、氣になりますか?』

 

 

 

A子さん

『そうなんです。』

 

 

 

 

佐希子

『こんにゃく湿布のこんにゃくと同じように、湯たんぽに使うお湯として、私は使い回していますよ。

飲むものとして再利用することはありません。

再沸騰させると、少しずつ量が少なくなってきますよね?

だんだん量が少なくなってきて、水を足したくなる頃に、もう使い回しはおしまいにします。

そこで、新しいものに変えています。』

 

『捨てる前に、洗濯に使ったり、掃除に使ったりしています。

朝まで温かいので、洗顔に使う方もいらっしゃいますが、匂いが氣になるので私は掃除などに回しています。』

『Aさんがいいように、試してみて下さいね。』

 

 

 

A子さん

『はい。ありがとうございました。』

 

 

おしまい。


特典付き!優先登録
一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。

 

【4/28まで限定特典】

解説動画プレゼント!
◆ダウンロードした方限定シークレット特典!


 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です