血乳への対応はどうすればいいですか?妊娠後期、母乳に血が混じるというご相談への回答。

血乳の対応

どうも。「産前産後の身体バートナー」馬場佐希子です。

今日はご質問にお答えします。

もう直ぐ出産という方から、血乳についてご質問頂きました。

 

血乳について

妊婦さん
母乳に血が混じるのですが・・・。

母乳に血が混じることを「血乳」と言います。

ご質問者さんの場合は、乳頭に傷もなく、うっすらと片側からのみ血乳が出ているとのことです。

血乳は異常ではないことが多いのですが、末尾に記載するように、乳がんの検査を受けた方が良い場合もあります。

血乳の出る期間

妊娠中〜出産後1週間程度の間に、数日間出ることがあります。

母乳の作られる量が増えるとなくなっていきます。

血乳、おっぱいに血が混ざるのはなぜ?

まず、母乳は血液から作られます。

血乳が出るのは、

•母乳を作るために新しく作られた血管が刺激されることによる

乳腺の発達が未熟なため(本来なら除外される赤血球が乳管に入ることによる)

乳管が急激に発達することで、もろくて弱い血管ができることで出血しやすい

毛細血管の破裂(不適切なマッサージや、搾乳器の使用など)

などが言われています。

また、血乳ではありませんが、初乳が黄色くて濃いため茶褐色のように見えることがあります。

血乳はどこから出ているのか?

今回の場合は、明らかに乳管からですが、乳頭に傷があり出血していることもあります。

どこからの血なのか、鮮血なのか、茶色っぽいのか、見ておきます。

血乳の場合、しばらくしておさまるようだと血乳を搾ってから授乳することもあります。

血乳が赤ちゃんに与える影響

血乳は赤ちゃんが飲んでも健康を害することはないと言われています。

しかし、血乳が混じると、

•赤ちゃんが嫌がって飲まない

•吐きやすくなる

•便が黒っぽくなる

などのこともあります。

裸の赤ちゃん

•吐いたものに血が混ざる
•黒っぽい便が出る

これらは、どこかに出血があるサインです。

赤ちゃんからの出血なのか、血乳なのかを鑑別するために、直接授乳を控えるよう言われることもあります。

その場合、血乳が出る方のおっぱいは搾乳のみにします。

病院によって対応は異なりますので、その時にご相談下さい。

血乳で乳腺外科の受診が必要な場合

血乳は1週間程度でおさまってきます。

母乳量が増えても続くような場合などは乳癌との鑑別も必要になりますので、乳腺外科への受診が必要になります。

直接、授乳を見て頂いた助産師などの専門家にご相談下さい。

 

母乳に関するその他の記事は、下記も参考にしてください。

母乳不足?本当に母乳が足りない?母乳不足かどうかを判断する5つの判断材料。

母乳不足?産後2週間の実体験。旦那さんのこんな姿勢に助けられました。

母乳育児のためにあなた自身ができること

 

今回のご質問は、マタニティヨガのレッスンでいただいたものです。

 

妊娠・出産・育児を応援するメルマガを発行しています。
優先案内、最新情報が届くメルマガ登録は下記ボタンをクリック↓↓↓

血乳の対応


特典付き!優先登録
一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。

 

【4/28まで限定特典】

解説動画プレゼント!
◆ダウンロードした方限定シークレット特典!


 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です