あなたの感覚は大丈夫?子どものような感覚を取り戻そう!

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

あなたが今までがんばってきたから、がんばるために酷使してきたために、氣付いていない身体の感覚や心の感覚があります。

身体の痛みや苦しさが出てくるということは、何らかの使い方が間違っているということです。

今回はそのことについて書きます。

子どもはすなお

子どもは全身で泣いたり笑ったりしますよね。

眠たいときは眠たくてぐずるし、お腹が空いたと言っては泣くし、氣に入らないことがあると怒っては泣きますよね。

いいなー、すなおで。
そのままで。

それが他人に受け入れられるって、すばらしいですね。
そんなお子さんのことを、いつもいつも受け止めている、あなたってすてきですね!

母のイライラ回避!子どもの生理的欲求を先に満たそう。

無理して我慢してやってきた結果

でも、オトナのあなたは、色んなことを我慢したり、感情を閉じ込めたり、身体が辛いのをそのままにして、目の前のすべきことに取り組んだり、眠たいのに仕事を片付けたり、そうやって生活していますよね。

感覚に鈍くなる生活

そういう生活をしていると、本当の感覚とか、身体のことに鈍感になっていく訳です。

言葉は悪いかもしれませんが、感覚に鈍くなっていく訳です。

そうしないと、日常生活がうまく行かないからですよね。

肩が凝っても、放置。

腰が痛くても、放置。

眠い目をこすりながら、作業。

知らんぷりを続けていると、腰が辛いことなんて見えなくなって、でも身体には負担がかかっている訳で、ある日突然、肩が上がらなくなったり、腰がぎくっとなって動けなくなったりする訳です。

ぎっくり腰

そうなる以前に、身体は何かしらのサインを送っていたはずです。
身体からのサインに早く氣付いて、対処するに超したことはないですよね。

四十肩

身体のサインを取り沙汰そう

自分の身体のサインを、ぜひにっ!取り沙汰して下さい。
あなたが、自分で身体や心のサインに敏感になってくると、お子さんの変化も見えやすくなりますよ。

まだ言葉を話さない、その幼い人は、全身で表現しています。

「なんで」と、理詰めで聞いても、子どもは答えてくれませんよね。

どうぞ、感じてみて下さい。
あなたが、自分の感覚を取り沙汰せるようになったら、頭で考えなくても、お子さんのサインがすっと自然と分かるようになりますよ。

ヨガをしていたり、操体法をして身体の感覚が分かってくると、そのサインに氣付きやすくなってきます。

少しの変調に、早い段階で氣付けると、大きな怪我や病気をする前に、なんとかできますよね。

だから、感覚に敏感であるほうが良いと思うのです。

しなやかに、たおやかに。

身体も心も、です。

お茶菓子が春を運んできた!五感を刺戟し所作が身に付く茶道から、日常を考える。

「日日是好日」あなたは、”今、ここ”に居ますか?

身体感覚について、上記の記事でもふれています。

身体は、心に表れる

身体と物の見方

例えば、身体の歪んで捻れている人と、身体のまっすぐな人が同じ物の見方ができるでしょうか。
もちろん、同じ物の見方ができることが良いとは限りません。

ただ、捻れている人は、捻れた物の見方や考え方をしがちです。
そういう歪んだ身体で歪んだ思考の人で溢れていたら、世の中大変なことになりそうじゃないですか。

恐ろしや。

まっすぐな身体で、まっすぐに物事を見たり考えたりできると、それだけで平和になりそうですよね。

みんながみんな、同じ考え方や物の見方でないのは当然です。
ですが、健全な物の見方とか、考え方なら、世の中おかしくはならない氣がするのです。

子どもの未来を考えると、彼らの世界が愛に溢れ、希望に満ちて、安心感のあるものであって欲しいな、と願うのです。

IMG_0010

 

話が大袈裟になりましたが、日常でもそういうことです。

身体が歪んでいると、例えば子どもがやったことに対しても、斜めにみてしまうわけです。

身体がきつくて苦しいと、子どものやったちょっとしたことに、すぐに苛ついたり、怒ったりするわけです。

それが、身体が楽で整っていると、子どもに対する見方も変わります。

身体と行動

動作自体も変わりますよね。

腰が痛くて、腰が重たいと、言葉通り、動作が鈍く、さっとは行動しない行動出来ない、よっこらしょ、どっこらしょ、面倒くさいな、となりますよね。

身体が軽く、整っていると、行動も軽やかです。

作業効率も格段に変わります。

ですから、まずは身体から整えて欲しいのです。

身体のことを取り沙汰して欲しいのです。

意識することで変化する

今までがんばってきたことすべてが、今のあなたを作っています。

これまで、時間をかけて作り上げてきたあなたの身体です。

変えようとしても、すぐには変化しないかもしれません。
しかし、変えようと思えば、変わります。

人の持っている力というのはすばらしいのです。
はかりしれない潜在的な力があります。

それを伸ばせるように、身体を、心を整えて下さい。

焦らないで、諦めないで、ゆっくりいきましょう。

これまでの時間と同じくらいかかるかもしれませんが、意識することで変わっていきます。

コツをつかんだら、変化の速度は加速していきます。

氣持ちよいことだけをやる

今まで酷使してきた身体を、急に使い始めると怪我をしたり、傷めることもあります。

ヨガでも良いですが、とにかく氣持ち良いように身体を動かすという操体法なら、その心配が少ないです。

あなたの感覚も、操体法をやる程に敏感になってきます。

これまで感じなかったことに氣付くように変わってきます。

操体法って何?!というのは、操体法で説明しています。

操体法のご感想

先日、操体法をした方は、身体が軽くなると、表情ががらっと変わりました。
身体が整って、目のぱっちり開いて、血色がよくなったり、頬骨があがったのはもちろんのこと、笑顔がすてきになりました。

身体がきついと、笑顔も出ないですよね。

肩がどんよりいつも重たくて、頭も重たくて、どよ〜んとしていたら、どよ〜んとした心になって、それが表情にも現れますので、どよ〜んとした顔になります。

操体法の後は、このように仰って笑顔になりました。

「腰がふわ〜となりました。」
「(腰が)さっきより痛くないです。」
「肩がふわ〜と軽くなりました。」
あぐらをかいて、「あっ。いつもより開きます。」

どんな方法でも良いのです。

何か変えたいなと思うなら、ご相談下さい。

私にお手伝い出来ることがあります。

ヨガのレッスンスケジュールはこちらのボタンをクリックして下さい。

レッスンスケジュール

お問い合わせは下記のボタンよりお願いします。

お問い合わせ


『自信を持って母乳育児ができる方法』を
無料E-Bookにしました。

出産や育児に不安はあって当たり前。

 

ヒトの身体はうまくできています。

自分に対する信頼や自信を持つことができるように。

赤ちゃんことも信頼して子育てできるように。

自分の感覚を大事にして子育てできるように、書きました。

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です