最新のお知らせ!!

11月追加日程公開!!いますぐクリック▼▼▼

母乳育児のために、あなた自身ができること

どうも。「産前産後の身体パートナ」の馬場佐希子です。

今日は、母乳育児ができればいいなと思っているあなたが、自分自身でできることを書きました。

授乳に関して、詳しい知識なんてなくても、赤ちゃんの欲求にしたがって、あなたの感覚で授乳していたら、母乳だけで育児ができた、というようになれば良いですね。

 

ですが、赤ちゃんにギャン泣きされたり、心ない言葉をかけられたりして、母乳不足を感じることもあるかもしれません。

そんな時は、下記の記事も参考にして下さい。

母乳が足りているかどうかのポイントや、母乳不足を感じた実体験を紹介しています。

母乳不足?産後2週間の実体験。旦那さんのこんな姿勢に助けられました。

母乳不足?本当に母乳が足りない?母乳不足かどうかを判断する5つの判断材料。

母乳育児をするためにあなた自身でできること

時期によって育児のためにあなたができることは変わっています。

妊娠中からできること

  • 冷えを改善する

妊婦の「冷え」が妊娠出産、産後に与える影響

「冷え」て良いこと1っ個もないっ!

  • 乳頭にクリームを塗る、熱いお湯をかけるなど、皮膚が乾燥するようなことは避ける
  • 身体を整えておく
  • 食事や睡眠など、生活全体を整えておく

出産直後に肌と肌を触れ合わせる

カンガルーケアという言葉を聞いたことがありますか。

これは、出産直後にお母さんと赤ちゃんの肌と肌を触れ合わせることです。

お母さんのお腹の辺りに赤ちゃんを乗せると、次第におっぱいを求めて、這い上がってきます。

肌と肌を触れ合わせることは、母乳育児だけでなく、赤ちゃんが外の世界に適応していくことや、母児の関係を築く上でも役に立ちます。

産後1時間以内の授乳

生まれてすぐの赤ちゃんは、2時間は覚醒しています。

その後、数時間深い眠りに入ります。

生まれてすぐ〜産後1時間までに直接おっぱいを吸わせられると良いですね。

赤ちゃんの状態や、お産の状況によっては、出産後早い時期での直接肌と肌とのふれあいや、授乳が叶わないこともあるかもしれません。

その場合は、赤ちゃんと共にいられる状況になってから、肌と肌を触れ合わせたり、いつも一緒にいられるようにしたり、抱っこやおんぶの機会を増やしていくと良いでしょう。

帝王切開の場合なども、バースプランについて話してみたり、あなたの希望を伝えてみて下さい。

バースプランの書き方

バースプランに書き加えて欲しいバースレビューのこと。

 

出産

 

頻回授乳をしよう

生理的におっぱいが張ってくる時期があります。

おっぱいの張りを産後1日目〜産後3日頃に感じるでしょう。

特に産後3日頃には、おっぱいがキンキンに張って、痛い・・・という時期がきます。

おっぱいがカチカチに張ると、赤ちゃんが飲みにくくなることもあります。

また、おっぱいが張って、辛く感じます。

 

それを予防するためにも、産後3日頃までは特に、ちょこちょこ、ちょこちょこ赤ちゃんの欲しがるタイミングでに頻回授乳をすると良いです。

このことからも、母児同室は有効です。

産後早い時期からの頻回授乳はおっぱいの出も良くなります。

体調に合わせて進めていかれると良いですね。

 

おっぱいが張って辛い時期はとにかく赤ちゃんに吸ってもらおう

産後3日頃は、おっぱいそのものの量が増えてくるのに加えて、たくさんの母乳量になるために血管やリンパ管のうっ滞やおっぱいのむくみが出てきます。

簡単に言うと、むくみで張っているような感じなのです。

例えて言うなら、渋滞みたいな状態です。

 

流れたいけど、流れられない、みたいな状態です。

それを、とにかく赤ちゃんにおっぱいをちょこちょこ吸ってもらいます。

そうすることで、圧抜きになり、キンキンにおっぱいが張って痛い、という状況が回避できます。

授乳

そうこうしていると、産後4日頃から、母乳の量が増えてきます。

ですが、この頃の授乳のリズムはまだできていません

1日に10数回の授乳をすることもあります。

退院してすぐで育児についてもオロオロし、この時期に、母乳が足りてないかと不安になることも多いでしょう。

ですが、この時期を越えて、おっぱいは赤ちゃんが飲んだ分だけ作られるおっぱいに変わってきます

乳頭痛は1週間程度で落ち着いてくる

ちょこちょこ頻回におっぱいを飲ませていると、授乳の始めの頃は、乳頭の痛みが出たり、傷ができたりすることがあります。

産後すぐの時期は特に乳頭の痛みを感じることも多いです。

ほとんどは、授乳し始めてすぐ20〜30秒程度で痛みはなくなります

産後3〜6日に痛みのピークを迎えますが、母乳の量が増えると次第になくなることが多いです

 

ただ、上記のような状況でなく、授乳と関係なく痛んだり、授乳の終わり頃や終わってからも痛むような場合は、感染症の可能性もありますので、専門家に相談してください。

また、乳頭痛が授乳中もずっと続くようだったり、1週間経っても痛みを感じる場合は、赤ちゃんがうまく含めていない可能性もあるので、授乳の状況を助産師に見てもらった方が良いでしょう。

赤ちゃんが母乳を飲んだ分だけ母乳が作られるようになる

産後9日頃から、需要と供給のバランスで、赤ちゃんが飲むと飲んだ分だけ調整されるようになります。

おっぱいが張らなくなったから母乳が出ていないと不安になる必要はありません。

赤ちゃんに吸われたら出るおっぱいに変わってきます。

おっぱいを空っぽにしておくことで、次のおっぱいが作られてきますから、赤ちゃんにしっかり吸ってもらいます。

授乳中の抱き方いろいろを覚えよう

あなたが快適に授乳できるように、苦痛を感じた時は入院中から助産師に相談してください。

授乳姿勢を変えたり、含ませ方を変えたりすることで、授乳の快適さが変わります。

入院中に快適な抱っこや育児の方法や、授乳の方法を教わっておくと、自信や安心に繋がります。

 

乳腺炎の予防にもなることは、おっぱいにいい

  • ストレスや疲れを溜めない
  • 昼寝を含めてよく寝る
  • 快適な方法で授乳する(姿勢・抱き方・含ませ方)
  • 乳頭に傷ができないようにする
  • 衣服の締め付けがないようにする
  • オーバーワークを避ける
  • 赤ちゃんと一緒にいて欲しがる時に欲しがるだけ授乳する
  • 激しい運動は避ける

 

私自身、次男の時に乳腺炎を繰り返しました。

あまりの疲労と、浅飲みになりよく白斑ができて、同じところばっかりが詰まっていました。

おっぱいは痛いし、高熱が出て、そこら中の関節まで痛いし、辛かったです。

予防できるに越したことはありませんね。

肩凝り解消できるように動かす

肩凝り、首凝り、背中のコリ、腰のハリ、妊娠中から感じている方も多いです。

産後も、抱っこや授乳に慣れないおむつ替えなどで肩凝り、首凝り、背中や腰の痛みを感じやすいです。

これらを解消できるように動かすことで、血流も良くなり、おっぱいの出が良くなります。

【動画】指ほぐしで、首こり、肩こりを楽にできる方法

【動画】首こりを緩める方法

【動画あり】首こり、肩こり、腰痛解消まとめ記事

 

妊娠中から、準備しておかれると良いですね。

マタニティヨガの呼吸の効果。お産の時にも役立つよ。

私がマタニティヨガをおすすめする、たったひとつの理由。

マタニティヨガが私にとって効果的だった3つのこと。

マタニティヨガにいらした方から、肩こり、背中のコリが楽になると、よく感想を下さいます。

出産が痛くないなんて、ありえない?!

むくみや身体が楽になるよ。便通改善も。マタニティヨガのご感想

妊娠、出産、子育てに関するたくさんの心配や不安。その不安に飲まれるな!

南行徳ブレスさんでのマタニティヨガ。少人数でゆったりと。

アルコールとタバコはNG

これは、やめましょう。

母乳不足の言葉は華麗にスルー

「おっぱい足りないんじゃないの?」という心ない言葉は、華麗にスルー!しましょう。

赤ちゃんは、母乳が足りないからという理由だけで泣いているわけじゃないです。

陸
  • おしっこしたい
  • お腹がムズムズする→うんち出る
  • 暑い、寒い
  • なんだか不快

・・・などです。

母乳不足かどうかはうんちやおしっこの回数や、色、授乳の状況からも客観的に見ることができます。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

母乳不足?本当は母乳足りてるかも?母乳不足かどうかは、こんな点を見てみると良いですよ。

 

また、赤ちゃんがぐ〜んっと成長する時期は、母乳不足を感じやすい時期でもあります。

母乳不足?産後2週間の実体験。旦那さんのこんな姿勢に助けられました。

この時期も3〜4日で母乳量が追いついてきて落ち着く場合がほどんどです。

赤ちゃんの欲しがるタイミングでちょくちょくあげていれば、おっぱいもそれに応じて出てくるようになります。

まずは安心して赤ちゃんのお世話に集中できるように周りの人にサポートしてもらえると良いですね。

おっぱいが小さくなっても母乳は出ています

産後6〜9か月で、おっぱいの大きさは小さくなります。

ですが、小さくなったからといって出なくなるわけではありません。

おっぱいのサイズは小さくなりますが、おっぱいの産生量は変わりません。

母乳育児のためにあなた自身ができることーまとめ

  • 妊娠中からおっぱいに良いことをしておこう。
  • お産の後は、できるだけ早い時期に母乳を飲ませよう。
  • 産後3日頃のおっぱいの張りの回避のために、母児同室で頻回授乳をしよう。(赤ちゃんに飲んでもらうのが一番)
  • 乳頭痛は、1週間頃にはなくなることがほとんど。長く続くときや、授乳中ずっと痛いような時は、抱き方や含ませ方などを助産師に見てもらおう。
  • おっぱいを飲ませれば飲ませるほど、おっぱいが作られる。
  • 赤ちゃんにしっかり飲み切ってもらおう。
  • 乳腺炎の予防になることはおっぱいの良いことばかり。
  • 心ない、母乳不足の指摘は華麗にスルーしよう。
  • 母乳不足を感じる時は、客観的に評価してみよう。+助産師に聞いてみよう。
参考文献:
水野克己,水野紀子(2011)『母乳育児支援講座』南山堂
国際連合児童基金,世界保健機関(2009)『UNICEF/WHO赤ちゃんとお母さんにやさしい母乳育児支援ガイド ベーシック・コース―「母乳育児成功のための10カ条」の実践』医学書院
堀内成子総編集(2015)『エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92』南江堂

お産の状況や、赤ちゃんの状態、お母さんの状態から、母乳育児したいんだけど、これらのことが叶わない場合もあるかもしれません。

そんな時も、搾乳したり、短時間の直接の授乳をしたり、状況によってできることはありますから、産院のスタップにどうぞご希望を伝えてくださいね。

あなたが心地よく、初めての育児でも、自分の感覚に従って、赤ちゃんが欲しがるタイミングで欲しいだけ、おっぱいで育てられると良いですね。
レッスンでは、こんなこともお話ししています。

妊娠・出産・育児を応援するメルマガを発行しています。

体験会の優先案内、最新情報が届くメルマガは下記フォームから登録できます▼▼▼

妊娠やお産、子育てに役立つ情報をいち早くゲット!
メルマガに登録する
お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス(必須)

 

携帯メールアドレス(特にdocomo)や無料アドレスよりお申込みいただいた場合、迷惑メールと判断されメールが届かない場合があります。

メール:info@tanpotokoyoga.comからのドメイン指定受信の設定をお願いします。



一度は諦めた母乳育児産後のぽっこりお腹気になる体型も解決できる!
産後のキレイを叶える 授乳の10ポイント


母乳育児への不安を、妊娠中の今から解決しておくことで、不安なく、楽しみながら母乳育児を叶えられるようになります。

 

●「こんなに泣いて大丈夫かしら。母乳が足りないのかしら。」から、「今は、泣くときなのねー。泣いていいよ^^。大丈夫。」と思えるようになります。

●身体の使い方を身につければ、ぽっこりお腹も、産後の腰痛肩こりにもさようならできます。

●美しい姿勢で、エクササイズする必要なくなります。

●授乳しながら、ぽっこりお腹が解消すれば、時短になります。

●その姿勢をキープできる体幹力があれば、抱っこ楽ちんになります。



 

下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です