マザーズコーチングスクールを受けるならー広島・オンラインー子育てをもっと楽しくする!

お客様の感想

俵寛子さま

 

受講のきっかけは、

まだ喋らない0歳の子どもに対して感情的な言葉をぶつけてしまう事がある

自分自身も母とのコミュニケーションの中で辛い思いをした事がありこの先子どもと円滑なコミュニケーションが取れるのか不安があったから

です。

これから喋り始めても落ち着いてコミュニケーションが取れそうと思えるようになりました。
そして、自分自身が子どもの時に感じていた母とのコミュニケーションの不満も少し救われたような気がしました。

この講座は今、子どもとのコミュニケーションに悩んでいる方は勿論のこと、まだ話さない小さい子どもがいる方、これから親になる方など沢山の方におすすめしたいです。

 

三宅悦子さま

受講のキッカケは、長男に(2歳10ヶ月)対して、自分自身がビックリするくらいキツイ言葉や態度をとってしまう、、、このままじゃいけない、、、どうしたら良いのか、、、と悩んでいた時でした。

初めて聞いたときは、受けるのが怖かったし、勉強だけして頭がいっぱいになるのもイヤでした。
(自分自身が長男に放った言葉がどれだけ影響があるのか知るのも怖かったのかもしれません。)

 

受講後は学べて良かったと思いました。
全部の問いに答えが出たわけではありませんが、今でもその問いの答えがふっと浮かんだり、長男に対しての言葉遣いを意識するようになったり、今まで子育てに追われていて持てなかった、大事な事を考えたりする時間を作った事がとても良かったなぁと思います。

これから、主人ともシェアしながら子育て(自分育て)楽しみたいと思います♡

 

 

角佛里英さま

受講後、子どもに対しての自らの態度を客観的にみれるようになり、反省して悪いと思ったら謝ることができるようになりました。

 

子どもが!子どもが!と、子どものことで悩んでいるつもりが、実は自分の葛藤から来るものだったりして…なんだか、うまくいかないな…と思う全ての人にこの講座をお勧めしたいです。

 

 

 

伝えたいのは子育ての正しさよりも安心感

ほんとうは子どものことをかわいいと思っているのに、ついイライラして怒った態度を取ってしまったり、言わなくていいことまで言ってしまったりする。

でも、ほんとうに伝えたいことはそれじゃないんだ。

 

わたしが、お母さんとしてあなたに届けたいのは

 

あなたをとても大切だと思っていること

あなたが大好きだってこと

 

 

怒って怖がらせて、こんなことがほんとうに伝えたいことじゃないんだよ。

もし、そう思っているなら、親子のコミュニケーションを学びませんか。

 

0〜6歳までにどんなコミュニケーションを取ったかが、子どもの将来の能力に影響する。

その理由。

あなたはご存知ですか?

もしご存知ないなら読み進めてください。

マザーズコーチングスクール(MCS)とは

人間の脳は、5歳~6歳頃までに大人の90% 程度まで大きくなり、0歳からその頃までの経験によって「思考パターン」の95% が決まるとわかっています。
また、ハーバード大学育児研究センターによると、こどもの将来の学業成績やコミュニケーション能力の違いは、0歳~6歳の間に、「大人とどんな関わりをしたか?」 で決まると言われています。

このように、才能や学歴、そしてキャリアを活かす鍵となるコミュニケーション能力の土台は、幼少期の頃にほとんど決まってしまうのが現実です。

そしてその時期に、関わる時間がとても長く、また誰よりも影響力の強い存在は、お母さんです。

マザーズコーチングスクールでは、こどもの将来のコミュニケーション能力の土台となる、重要な4つの要素を育てることを目的とした、お母さんのためのスクールです。

お母さんが、こどもとどのようなコミュニケーションをはかるかで、将来のこどもの能力が大きく変わってきます。子育ての質は、母と子のコミュニケーションの質で決まると言っても、過言ではありません。

 

マザーズコーチングスクール公式ホームページより引用
URL:http://motherscoachingschool.com/

 

 

子育てのHow to本は山ほどありますよね。

だけど、それでうまくいかないのはどうしてでしょう。

マザーズコーチングスクールでは、子育ての正しさをお伝えするのではありません。

何を大切にしているかは、マザーズコーチングスクール代表のことばを読んでみてください。

マザーズコーチングスクールのプログラムをつくる上で、私がコーチとして徹底的にこだわったことは、「こんな時はこう言いましょう」という内容ではもちろんなく、 お母さんが、より良い心の状態を自分でつくり出し、どんな会話ができれば、こどもの「自己肯定感」「折れない心」「心の安定感」などを育てていけるのか、自分で考えられるようになるためのプログラムであることです。

マザーズコーチングスクール代表 馬場啓介氏の言葉

マザーズコーチングスクール会社概要より一部抜粋URL:http://motherscoachingschool.com/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%A6%82%E8%A6%81/

 

マザーズコーチングスクール(MCS)の特徴

 

1.マザーズコーチングスクール(MCS)は、子育てで行き詰まった時、”私だけの子育て”をサポートしてくれる

 

あなたはどんな子育てをしたいですか?

普段、意識することのないような問いかけで、オリジナルテキストが構成されています。

子育てあるあるネタ

の中で、例えば

”子どもが保育園に行きたくない”と言っています。

あなたはどんな声かけをしますか?

 

そんな視点で子育てを考えたことがなかった!という気づきや、「あなたを大切に思っていますよ」というメッセージを伝えつつ、親の気持ちもどのように伝えれば良いのか、といったことが自分で考えられるようになっています。

 

育児本をいくら読んでもうまくいかない。

それなら、あなただけのオリジナルの子育て本をいっしょに作っていきませんか?

 

 

また、子どもに対するコミュニケーションだけでなく、パートナーや親、同僚など、身近な方とのコミュニケーションが変わり、これまでよりも良い関係が気づけた!というご報告をたくさんいただきます。

 

2.子育てに忙しいからこそ、この時間そのものが最大のギフト

 

わたしは助産師で、独自の講座を開催している仕事柄、産後のお母さんに関わる機会が多いです。

その中で子育て中の方は特にこんなことを仰います。

「そんなこと考える余裕なんてなかった。」
「じっくり考える暇さえなかった。」
「そういえば、わたしこういう風に自分の考えを整理する時間が必要な人だったんですよね。」

 

わたしの講座を受講してくださる方は、

  • ご自身で決断して
  • ご家族のプレゼントで

というきっかけで参加して下さっています。

 

どんな形での受講にせよ、この時間は、あなたにとってのギフトになるでしょう。

 

3.学び続ける環境がある

 

ベーシックコース・アドバンスコースを受講した後に、希望の方はティーチャートレーニングを受けられます。

試験にパスするとマザーズコーチングスクール(MCS)認定マザーズティーチャーの資格を得て、ティーチャー活動ができます。

マザーズティーチャーになった後も、オンライン講座で学び続けることができます。

また、各地で自主勉強会なども開催されています。

 

ご自身のレベルに合わせて学び続ける環境と仲間が用意されていることもマザーズコーチングスクール(MCS)の強みです。

 

馬場の講座を受講した方への特典

わたしの講座を受講した方については、おさらい会おしゃべり会を1〜2ヶ月に1回開催しています。

受講後の気づきや変化のシェアや、ここよくわかんないんだけど、と言ったことなどをお話ししています。

 

愚痴の言い合いだけではない、建設的に子育てを語る場所として、ご参加いただいています。

 

また、子育ては孤独になりやすいもの。
孤独な子育てにならないように、つながりができることも喜んでいただいています。

 

マザーズコーチングスクール(MCS)ーベーシック&アドバンス講座 詳細ー

 

マザーズコーチングスクール公式ホームページより引用 URL:http://motherscoachingschool.com/shikaku/

 

 

ベーシック

 

0歳~6歳のこどもとのコミュニケーションについて、「心」と「思考」のバランスによって言葉の大半が決まることを理解し、バランスを整える方法を学びます。

  • 子育てのゴールとは?
  •  親の役割とは?
  • コミュニケーションが成り立つ条件
  • 言葉の内容が決まる背景
  • 「言葉」の土壌を育てるエクササイズ
  •  伝わる言葉を決めるエクササイズ

 

対象者(ベーシック・アドバンスともに)

  • こどもとのコミュニケーションに関心のある方
  • 0歳~6歳のお子さまの子育て中の方
  • 妊娠中または妊娠を希望している方
  •  お孫さんがいる方
  •  こどもに関わるお仕事をしている方
  •  マザーズティーチャーを目指す方 など

料金:7,560円(税込)

時間:2時間程度

権利:ADVANCE講座受講権利

 

アドバンス

 

0歳~6歳のこどもとのコミュニケーションについて、こどもに伝える、言葉そのものの選び方を学び、身につけます。・ 「見守る」コミュニケーションとは?

  • 使ってはいけない子育てNGワード
  • 自然な成長を邪魔しないためにすべきこと
  • 「自己肯定感」を大きく育てるためのエクササイズ
  • こどもが本音を隠さない聴き方
  • こどもの学ぶ力や責任感を育てる会話
  • こどもに愛情が伝わる褒め方
  •  怒ると叱るの違い

料金:8,640円(税込)

時間:2時間程度

修了後:受講修了証

権利:スクール認定講師「マザーズティーチャー」トレーニング受講権利

 

お申し込み
料金

ベーシック 7,560円(税込)
アドバンス 8,640円(税込)
合計:16,200円(税込)

*銀行振込またはPaypalによるカード決済(Paypalの場合は、4%の手数料が加算されます。)

 

場所

広島市内カフェ・レンタルスペースまたはzoom(オンライン通話)

出張も可(個別開講の際は別途交通費)

 

講座時間

約2時間

 

その他

お申し込みは開講日の10日前までとさせていただきます。表記以外にも対応可能日程がありますので、ご相談ください。

お子さま連れ・出張も対応できますので、メッセージにてご希望をお伝えください。

 

ご予約

【参加申し込み】
@zoomのみ
@zoomのみ
@広島市内のみ
@広島市内またはzoom
@広島市内のみ

ベーシック・アドバンスコースともに2時間程度です。
両方を受講される場合は2日間の日程を押さえるか、1日集中受講(4時間)で可能です。
ご希望をメッセージ欄にご入力ください。


*お子さま連れのご希望があればご入力下さい。

馬場佐希子(MCS認定マザーズティーチャー/TCS認定コーチ/助産師)

妊娠や出産で自信を喪失しているお母さんたちに関わる中で、彼女たち自身の中にあるアイデアや感情をもっと自分のものとして自己肯定感を高める関わりがしたいと模索する中で、コーチングに出会う。

 

コーチングに魅せられ、コーチングを親子のコミュニケーションに取り入れたらどうなるんだ?とマザーズコーチングスクールも受講する。

 

これは、親子だけじゃなく、お母さんだけでもなく、すべての人に学んで欲しい内容だ!と感じ、マザーズコーチングスクールを伝えることを決意。

生まれてすぐの赤ちゃんの土台を作るのにも、とても良い講座だと自信を持ってオススメできる。

 

普段は、妊娠中や産後のからだをセルフメンテナンスする講座を開講。

コーチ的に関わる中で、参加者さん自身が、より行動できるようになったり、家族との関係性がより良くなったりするのを目の当たりにする。

産後、自信を喪失していた女性が自己信頼を取り戻していくと、こんなにもきれいになるのかという現実に出会わせていただいている。

また、子育ての中で親子の自己肯定感を高めていくことは、日本の社会を明るくしていくことにつながると信じている。

プライベートでは2児の母。香川県出身。2017年3月に千葉から広島県の安芸太田町にIターン。

お客様の感想

えりさま(4ヶ月のお子さん)

 

今までは言葉を無意識に発していたけど、意識的に伝えるようになりました。

子どもはまだ喋れないので、まずは旦那に対しても良いコミュニケーションをとろうと心がけています!

旦那には習慣的に『なんで』と言ってしまうことからまず修正。

意識すれば、まずは話を聞いてあげれるように自然となってます。

 

まだ赤ちゃんの子どもには全身を使って褒めまくってます。

 

馬場さんの最初に会ったときの第一印象は清楚でおしとやかな印象。

ですが、話すと面白く、活動的なところもありギャップ萌えしました。

受講中は、話が逸れても、ちゃんと話を聞いて答えていただき、気づいたら思いついたことをなんでも話しちゃって、ついつい話を脱線させてしまいました。

マザーズコーチングスクール講師としても助産師としてもとても頼れる存在だと思います。

 

Jさま

3歳の娘に対して、イライラすることも多くて。

赤ちゃんだった時は、生きていてくれるだけでいいと思っていたのに、成長するにつれて求めることが多くなってきたんです。

これじゃいけないと思ってて。

それと、トイレトレーニングが幼稚園入園までに完了しなくて。

家族から言われる言葉にもやもやしている自分もいたんですよね。

 

受講後はまだまだ完璧じゃないけど、ひと呼吸おいて娘に声をかけるようになったので、感情的に怒ることやイライラすることは減りました。

答えや正解を教えてくれる講座じゃないけど、終わった後に、じわじわ、じわじわきています。

 

 

Copyright© 馬場佐希子@産前産後のプロ , 2018 All Rights Reserved.