広島でトラストコーチングスクール(TCS)・マザーズコーチングスクール(MCS)を受けるなら。妊婦さんや小さな子どもをお持ちのお母さんが楽しく暮らせるエッセンスを届ける助産師コーチのサイト

プロフィール

馬場佐希子プロフィール

TCS認定コーチ/MCS認定マザーズティーチャー/助産師・保健師・看護師/

マタニティヨーガ指導者養成コース修了/沖道ヨガインストラクター

 

お産が年間700件弱ある産婦人科病棟で約3年半勤務。

ヨガ歴16年。ヨガ指導歴5年。

妊婦さん、産婦さん、産後のお母さんたちへの日々の関わりの中で、依存ではなく横並びの関係性でどのようにして役に立てるか模索する中でコーチングに出会う。

 

看護系大学に進学から助産師になるまで

3人兄弟の真ん中で、兄と弟に挟まれ、女ひとりで育ったせいか

「どうしてお兄ちゃんと弟にくっついているものが、自分にはないんだろう」

と、子どもの頃から、身体の不思議について考えていました。

兄弟

 

また、就学以前の小さい頃に交通事故で入院・骨折の経験があり、身体のことや病院への興味を持ちます。(骨折れ過ぎ…)

骨折 骨折

その経験から、看護に興味が湧き看護短期大学に入ります。

短期大学卒業後、大学へ編入学し助産師に

短期大学を卒業し看護師資格を取得します。

”早く社会に出て、人の役に立ちたい”、と入学した3年制の短期大学でしたが、そこでの学びだけでは満足できませんでした。

 

特に、自分が女性で子を産める性なのに

「どうやって産んで、どうやって育てていくんだろう」

という詳しいことは、看護の学びだけでは到底足りませんでした。

 

そこで、女性の身体のことを深めるべく短大卒業後、大学に編入学をします。

大学で、女性の身体のことや性に関することも深く学べる助産学を専攻し、助産師になりました。

 

助産師から→ヨガ・コーチングを始めるきっかけ

助産師学生時代からダイエット目的で始めたジム通いでしたが、エアロビや、ボクササイズ、ヨガ、などいろんなクラスに出る中で、ヨガの後の爽快感と心地よさにドンドンはまっていきます。

 

助産師として就職してからは特に夜勤明けにヨガをすると、身体がすっきりして身体が楽になるのを感じていました。

”ヨガって、何かいいかも”と思い始めた時期と、現場で気になり始めることが出たきた時期が重なり、マタニティヨガを学ぶことになります。

病院でたくさんの出産に立ち会う中で、お産で辛い思いをしている人たちを目の当たりに

 

  • 長い陣痛で身体も心も疲れてしまって、いざ赤ちゃんが生まれてくるときには、もう産む力が残っていないような人
  • 産むのも辛いし、おっぱいもこんなに痛くて、うまく吸わせられなくて、産んでからもこんなに辛いなんて知らなかった、と涙する人
  • 授かることが目的になっていて、子どものことをかわいいと思えない、と放心状態になっている人
  • 緊急帝王切開になって、陣痛も辛いし、帝王切開も痛いし、こんなはずじゃなかったと、涙する人

 

そんな人たちに出会ってきました。

赤ちゃん

 

そんな中で、

  • 出産の、その場その場で最善を尽くしても、限界があるかもしれない
  • 妊娠中から、もっと準備できたことがあるんじゃないかな

と感じるようになります。

 

産む力をもっと引き出せる方法があるんじゃないかな、と考えるようになります。

また、身体を使うことが少ない現代の生活で、お産に必要なことがたくさん失われているんじゃないかという危機感を持ちました。

 

 

そこで、病院での助産師として勤務しながらマタニティヨガの講習に出ます。

そして、院内にマタニティヨガのクラスを立ち上げるメンバーとなり、動き出していた矢先に自身の結婚・出産のため現場を離れます。

スタートアップのマタニティヨガのクラスを立ち上げ途中に現場を去ったこの経験は、私のひとつの原動力になり行動力につながっています。

 

自身の結婚・出産のために現場を離れたその間に、産後のリアルな悩みに出会う

病院を離れ、待機児童のためしばらくは主婦になり子育て中心の日々でした。

その間にも、

  • 前のお産が辛くて、もう子どもは産めない
  • ひとり目のお産の後が辛すぎて、ふたり目の子どもを出産するのが恐怖でしかない
  • 家に子どもとずっといると息が詰まりそう
  • 出産前から身体がガタガタで、産後も身体が辛過ぎて整体通い

というママたちのリアルな悩みを聞くことになります。

 

病院で働いていた頃には聞けなかった、リアルな悩みです。

そんな悩みを聞いているうちに、助産師の専門性も生かして身体の面から妊婦さんの役に立ちたい!と強く思うようになります。

お産の時に大切にされた経験は、子どもを大切にできることにもつながります。

子育てが楽になって、楽しいな、子どものことをかわいいなっと思えたら世の中も明るくなって、社会全体が良くなると思うんです。

 

そこで、産前産後の身体の面から、私ができることをやりたいなと考えるようになります。

 

こんな風に行動するようになる、大きなきっかけは次のことでした。

 

2011.03.11.が私を変えた

長男を出産してすぐに、東日本大震災が起こります。

授乳中で1ヶ月の子どもを抱いて、何もできない自分がいました。

テレビの映像から目が離せず、心が傷むのを通り越して心がなくなったような状態になっていました。

 

そして、2011年の夏に兄が事故で突然他界します。

 

家庭も大事。でも世の中のために自分ができることをしたい。

2011年の出来事に、ガツン!と頭を殴られたようになりました。

しかし、その後も数年は主婦でした。

 

東日本大震災でたくさんの人が亡くなったことや、兄の突然死から「命には限りがある。今やらないと、いつやれるんだ。」と思うと同時に、まだ子どもが小さいし、幼い子どもを幸せに育てること自体が世の中を良くするのでは、という考えの間で揺れます。

 

しかし、子どもたちのためにも

「生きていくのが楽しくなるような世の中にしたい。」

と考えます。

 

また、依存ではなく正しさや知識の押し付けでもなく、その人自身の力を引き出せる関わりがしたい、とコーチングの学びを深めコーチを名乗るようになります。

 

私は、あなたがあなたらしく出産できて、あなたなりにだんだんと”お母さん”になっていけたらいいな、そこに寄り添いたいと思っています。

 

お産が子育てにつながります。

またお母さんが子どもに与える影響は大きいです。

愛情を持って「あなたのことが大切だよ」と、大事に育てられる子どもが増えたら、巡り巡って循環して世の中が良くなると本気で思っています。

コミュニケーションは誰もが必要なのに、専門的に学ぶ機会はありません。

私自身コーチングを通じてコミュニケーションを学んだことで、身近な人に与える影響を強く感じています。

お子さんの最も近くにいるお母さんがコミュニケーションを学ぶことで、お子さんの育ちに影響し、世の中にも循環していくと考えています。

私が提供するサービスでお約束できること

あなたが今の自分が最高!自分史上最高を更新している!

そう思えるようにコーチングでサポートします。

お母さんの自己肯定感はお子さんに影響するもの。

「私って自己肯定感が低いんです。」そう仰るお母さんは多いです。

ですが、本当にそうでしょうか。

捉え方によっては自分の自己肯定感は低くないのかもしれない、とお母さんご自身が思われお子さんへの関わりが変化していかれます。

特に、自分のことはつい後回しになりがちでお子さんのことに一生懸命なお母さんに選んでいただいています。

仕事で感じる喜びや夢

実は私自身は、人前で話すことがすごく苦手で自分の思いを伝えるのが苦手でした。

そのために、夫婦間でも言いたいことが言えないような状況でした。

それが、今では講師をさせていただくこともあります。

また、家族にも応援してもらえる状況が少しずつできてきました。

 

だからこそ、受講者さんが成りたい姿を叶えていったり、夫婦関係が良くなっていったりするのを見ていくのがとてもうれしく楽しみです。

きっと、その背景にはこれまでチャレンジしなかっただろう挑戦があっただろうと想像できるからです。

そんな報告を、ワクワクしながら楽しそうに語ってくださるんですよね。

そんな時は本当にこの仕事をやれてよかったな、と感じます。

 

また、自分だけでは経験できない、他の人の人生を本気で応援させていただくことができます。その中にはたくさんのドラマがあってそれに伴走できることが本当に幸せです。

馬場佐希子のプライベートなこと

早く社会に出たくて看護系短期大学に入るも、もっと勉強したくなって大学編入学し、結果的に5年間の学生生活を送る。経験は財産だ!と思って、その間バイトに明け暮れ、海外旅行に行きまくる。
香川県出身・関東で15年過ごす・2017年千葉から広島県の超過疎地安芸太田町にIターン
開脚なんて90度・腰痛肩こりと仲よし・引っ込み思案→ヨガを始めておさらば
コーチングを体現して、なんだか力まず自然とやりたいことができてる状態。生き生きしすぎて浮気を疑われる始末(滝汗)
3児の母
好きな食べ物:味噌汁・文旦・栗・イチジク・美しい和菓子
苦手な食べ物:パクチー・甘い飲み物・スパイス
好きなこと:茶道・着物・活字
苦手なもの・こと:無礼な人
好きなことば:為せば成る

 

私のサービスを女性でかつ妊娠・出産・産後の方を対象にしているのは、助産師だからというのももちろんあります。

ですが、それ以上に、次の世代につないでいくという大きな使命を感じているからです。

子育て中のお母さんが子どもに与える影響は大きいです

だからこそ、お母さん自身が親の背中を魅せていき、子どもに愛情がしっかり注げたら世の中は良くなるしかないと思うんです。

そして、その責任をお母さんだけに押し付けるのではなく社会全体で担って行けたら良いと考えています。

子どもたちに、

「生きるって楽しいんだよ」

「こんなにすてきなことなんだよ」

って、胸を張って言える世の中になったらいいなと思っています。

 

▼馬場佐希子のサービスを見てみる▼

 

▼子育てやコミュニケーションに役立つ公式LINEに登録する▼

Copyright© TCS認定コーチ@馬場佐希子 , 2016 All Rights Reserved.